拝み屋怪談 鬼神の岩戸 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2018年06月15日
商品形態:
電子書籍

拝み屋怪談 鬼神の岩戸

  • 著者 郷内 心瞳
発売日:
2018年06月15日
商品形態:
電子書籍

地下室の扉を開ければ、事態はすべて収束するはずだった……

都内で起こった幽霊騒動。解決を要請された拝み屋を営む著者は、現地の地下室に騒動の原因があると判断。閉ざされていた扉を開けようとしたが、そこには残酷でおぞましい現実が広がっていて――。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「拝み屋怪談 鬼神の岩戸」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 自身の願望が創った存在「タルパ」。タルパに翻弄され、振り回される話しがメイン。タルパは実際にあるのか。実話怪談の拝み屋シリーズだが、タルパは実話か私には分からない。タルパを抜きにすれば、よくある話し。 自身の願望が創った存在「タルパ」。タルパに翻弄され、振り回される話しがメイン。タルパは実際にあるのか。実話怪談の拝み屋シリーズだが、タルパは実話か私には分からない。タルパを抜きにすれば、よくある話し。安易に心霊スポットに行かない。新興宗教を信じて累代の仏壇を捨てたりしない。罰当りな行動をしない。そう、普通の怪談話しなのだ。そこに不思議なタルパが出てくる。敢えて書こう。拝み屋シリーズは「花嫁の家」あたりを頂点に失速か。カウントダウンの最期の年は何だったのか。タルパ桐島について書いた前作よりは良かったと思う。 …続きを読む
    yoshida
    2018年08月25日
    160人がナイス!しています
  • 本当にこんな事ってあるのだろうか。ひとの想念が作り出した幻の人間。それが本人の心の中から飛び出して、全くの第三者の前にも姿を現すとか。幕間のように差し挟まれる体験談も、ぞくぞくっとする怖い話が多かった 本当にこんな事ってあるのだろうか。ひとの想念が作り出した幻の人間。それが本人の心の中から飛び出して、全くの第三者の前にも姿を現すとか。幕間のように差し挟まれる体験談も、ぞくぞくっとする怖い話が多かった。そしてラストの一章に愕然。その名前、ひょっとして…あの超絶に恐ろしかった【花嫁の家】再びか⁉ …続きを読む
    みっちゃん
    2018年07月26日
    134人がナイス!しています
  • 作者がどんどん性格が悪く、荒んできている。酒浸りで、口汚く相手をののしる。類は友を呼び、集まる客(?)もだいたいろくでもない。こういう拝み屋さんには、何かあっても頼みたくないなあ。良い人ばかりがバカを 作者がどんどん性格が悪く、荒んできている。酒浸りで、口汚く相手をののしる。類は友を呼び、集まる客(?)もだいたいろくでもない。こういう拝み屋さんには、何かあっても頼みたくないなあ。良い人ばかりがバカを見る。霊感のない人間にとってこの手の話は真偽の判断基準がないので、信じる信じないはその人次第である。面白ければ良いじゃないとは思っても、妖怪大戦争になってしまっては、やっぱり眉唾だなあ。因果応報という話が何作か載っているが、好き好んで心霊スポットに行く気持ちもわからんが、それで祟られるというのも理不尽と思う。 …続きを読む
    ハイランド
    2018年11月11日
    96人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品