検事の死命

検事の死命

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041066607
label

検事の死命

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2018年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041066607

ベストセラー「佐方貞人」シリーズ検事編、新装版!

電車内で女子高生に痴漢を働いたとして会社員の武本が現行犯逮捕された。武本は容疑を否認し、金を払えば示談にすると少女から脅されたと主張。さらに武本は県内有数の資産家一族の婿だった。担当を任された検事・佐方貞人に対し、上司や国会議員から不起訴にするよう圧力がかかるが、佐方は覚悟を決めて起訴に踏み切る。権力に挑む佐方に勝算はあるのか(「死命を賭ける」)。正義感あふれる男の執念を描いた、傑作ミステリー。 電車内で女子高生に痴漢を働いたとして会社員の武本が現行犯逮捕された。武本は容疑を否認し、金を払えば示談にすると少女から脅されたと主張。さらに武本は県内有数の資産家一族の婿だった。担当を任された検事・佐方貞人に対し、上司や国会議員から不起訴にするよう圧力がかかるが、佐方は覚悟を決めて起訴に踏み切る。権力に挑む佐方に勝算はあるのか(「死命を賭ける」)。正義感あふれる男の執念を描いた、傑作ミステリー。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第一話 心を掬う
第二話 業をおろす
第三話 死命を賭ける 「死命」刑事部編
第四話 死命を決する 「死命」公判部編
解説 恩田陸

同じシリーズの作品

「検事の死命」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 柚月 裕子は、新作中心に読んでいる作家です。佐方 貞人シリーズ第三作、第二作同様、連作短編集というよりも、読み応えのある中編集でした。全作品とも粒ぞろいですが、特にオススメは、『死命を賭ける-「死命」刑 柚月 裕子は、新作中心に読んでいる作家です。佐方 貞人シリーズ第三作、第二作同様、連作短編集というよりも、読み応えのある中編集でした。全作品とも粒ぞろいですが、特にオススメは、『死命を賭ける-「死命」刑事部編-』&『死命を決する-「死命」公判部編-』です。恩田 陸の解説もGOODでした。本作で佐方 貞人シリーズ全四作、1300頁弱、完読しました。本シリーズを今後も読み続けたいと思います。 …続きを読む
    starbro
    2019年06月14日
    407人がナイス!しています
  • 佐方貞人シリーズ第3弾。4話からなる短編集。『業をおろす』は佐方の父・陽世の親友であり寺の住職の英心が陽世の汚名返上に奔走し、見事な十三回忌の法要を行う。確かに亡き父との約束とは言え、真実を知らない祖父 佐方貞人シリーズ第3弾。4話からなる短編集。『業をおろす』は佐方の父・陽世の親友であり寺の住職の英心が陽世の汚名返上に奔走し、見事な十三回忌の法要を行う。確かに亡き父との約束とは言え、真実を知らない祖父母は大変な心労だったろう。 『使命を賭ける』『使命を決する』はある名家の入り婿が痴漢を働き、逮捕から裁判まで。「秋霜烈日の白バッヂを与えられている俺たちが権力に屈したら、世の中はいったい何を信じればいい」まだまだまっとうに正義を信じていいよな…とスカッとする読後感。 そうそう、こういうのが読みたいんだよ! …続きを読む
    hideko
    2019年01月12日
    238人がナイス!しています
  • 佐方検事の連作集。検事生命を賭けた仕事の進め方は自分の仕事の在り方も見直させてしまうなぁ〜〜が感想🤔ラストエピソードで検事を辞めて弁護士に転職してしまうのかなぁ〜〜と思いきや…まだまだ検事業務が続きそう 佐方検事の連作集。検事生命を賭けた仕事の進め方は自分の仕事の在り方も見直させてしまうなぁ〜〜が感想🤔ラストエピソードで検事を辞めて弁護士に転職してしまうのかなぁ〜〜と思いきや…まだまだ検事業務が続きそうです👍このシリーズも発行順に時系列で堪能する事をお勧めします🤲(ノ-_-)ノ~┻━┻いよいよシリーズ最終章へ …続きを読む
    キムトモ
    2020年05月07日
    181人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品