角川文庫

検事の死命

ベストセラー「佐方貞人」シリーズ検事編、新装版!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041066607
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

検事の死命

ベストセラー「佐方貞人」シリーズ検事編、新装版!

  • 著者 柚月裕子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041066607

ベストセラー「佐方貞人」シリーズ検事編、新装版!

郵便物紛失事件の謎に迫る「心を掬う」、検事の矜持を描いた「死命を賭ける」ほか、検事・佐方貞人が活躍する、法廷ミステリー第3弾。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「検事の死命」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「自分は、罪をまっとうに裁かせることが、己の仕事だと思っています」終始ポリシーを曲げずひたむきに事件と向き合う佐方シリーズ第3弾。今回は第2弾の続編的要素もあり、読んでスッキリできた。特に短編4話中、 「自分は、罪をまっとうに裁かせることが、己の仕事だと思っています」終始ポリシーを曲げずひたむきに事件と向き合う佐方シリーズ第3弾。今回は第2弾の続編的要素もあり、読んでスッキリできた。特に短編4話中、後半2話にグッときた。女子高生が被害を受けた痴漢事件に対し、我らが佐方が検事生命を賭け罪を裁く。勿論いかなる圧力にも屈しはしない。検事としての死命を決する闘いは、佐方のクロスカウンターが鮮やかに決まりゾクゾクしっぱなし。死命を賭ける男達の男気には惚れ惚れする。佐方シリーズを年内に読み終えられて本当に良かった。 …続きを読む
    nico
    2018年12月29日
    117人がナイス!しています
  • 佐方貞人シリーズの中編集。3作の物語が収められていて、どれも良かったが、「死命を賭ける」が200ページ程のボリュームがあり特に面白かった。この作品は、電車での痴漢事件を扱ったもの。以前、映画で「それで 佐方貞人シリーズの中編集。3作の物語が収められていて、どれも良かったが、「死命を賭ける」が200ページ程のボリュームがあり特に面白かった。この作品は、電車での痴漢事件を扱ったもの。以前、映画で「それでもボクはやってない」を観た時にも感じたが、この手の事件は本当に難しい。的確な証拠や証言が乏しく水掛け論になってしまうものに対して審判を下さなくてはならない。本作は刑事部編、公判部編に分かれていて裁判の過程が時系列で良く整理されて描かれていた。リーガル・サスペンスとして、お勧めできる作品だと思う。 …続きを読む
    のぶ
    2018年11月24日
    95人がナイス!しています
  • 2019年2月3日読了。前半の父の話、後半の話、両方とも安心して読めました。実直な佐方さんが裏切るわけないので、両方とも結末は清々しかったです。ハラハラドキドキのどんでん返しを望むのはダメです。佐方さ 2019年2月3日読了。前半の父の話、後半の話、両方とも安心して読めました。実直な佐方さんが裏切るわけないので、両方とも結末は清々しかったです。ハラハラドキドキのどんでん返しを望むのはダメです。佐方さん、たぶんそういうの苦手やと思いますから。 …続きを読む
    どんふぁん
    2019年02月03日
    83人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品