角川文庫

最後の証人

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041066584
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

最後の証人

  • 著者 柚月裕子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041066584

ベストセラー「佐方貞人」シリーズ弁護士編、新装版!

検事を辞して弁護士に転身した佐方貞人のもとに殺人事件の弁護依頼が舞い込む。ホテルの密室で男女の痴情のもつれが引き起こした刺殺事件。現場の状況証拠などから被告人は有罪が濃厚とされていた。それにもかかわらず、佐方は弁護を引き受けた。「面白くなりそう」だから。佐方は法廷で若手敏腕検事・真生と対峙しながら事件の裏に隠された真相を手繰り寄せていく。やがて7年前に起きたある交通事故との関連が明らかになり……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「最後の証人」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 事件の真相を知った時、鳥肌が立った。見事に、気持ちいい位に騙された。絵に描いたような幸せな生活から一転、一夜にして奈落の底に突き落とされた一組の夫婦。最愛の息子を喪った上、真実をねじ曲げられるという理 事件の真相を知った時、鳥肌が立った。見事に、気持ちいい位に騙された。絵に描いたような幸せな生活から一転、一夜にして奈落の底に突き落とされた一組の夫婦。最愛の息子を喪った上、真実をねじ曲げられるという理不尽な目に合った悔しさは想像を絶する。「罪を犯した者は必ず償わなければならない」当たり前に思っていた言葉の重さに言葉が出ない。「誰でも過ちは犯す。しかし、一度ならば過ちだが、二度は違う。二度目に犯した過ちはその人間の生き方だ」ミステリーから人生の教訓を得た。佐方シリーズはこれからも追いかけたい。 …続きを読む
    nico
    2018年11月30日
    120人がナイス!しています
  • 『孤狼の血』で虜になった柚月 裕子さんの法廷ミステリー。ハリウッド映画にあるようなサスペンス感を煽る弁護士と検察の法廷闘争劇とは趣が異なります。女性検事の思惑通りに淡々と進んでいく証人尋問に、盛り上が 『孤狼の血』で虜になった柚月 裕子さんの法廷ミステリー。ハリウッド映画にあるようなサスペンス感を煽る弁護士と検察の法廷闘争劇とは趣が異なります。女性検事の思惑通りに淡々と進んでいく証人尋問に、盛り上がり感に欠ける展開だなぁと思ってしまいます。しかし、そこは柚月さんの作品です。大きなどんでん返しが隠されていて、読者は唖然としてしまいます。そして、佐方弁護士の法曹界の人間としての矜持に感銘を受けます。佐方の検事時代を描いた佐方シリーズが大人気なのもうなずけます。 …続きを読む
    ぶち
    2019年05月25日
    112人がナイス!しています
  • 旅先の長野の宿で読了。この作家さんは2冊目だが、読後感が本当に気持ちのよい作風だと思う。今作も法廷ミステリーの分野だと思うが、終盤で涙が溢れてくるミステリーは初めてだったかも知れない。ミステリーとして 旅先の長野の宿で読了。この作家さんは2冊目だが、読後感が本当に気持ちのよい作風だと思う。今作も法廷ミステリーの分野だと思うが、終盤で涙が溢れてくるミステリーは初めてだったかも知れない。ミステリーとしても仕掛け、どんでん返しも申し分無し。主人公の佐方シリーズがあるらしいから、しばらく楽しめると思うだけで嬉しい限り。 …続きを読む
    小説を最初に書いた人にありがとう
    2019年06月21日
    111人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品