緋色のシグナル 警視庁文書捜査官エピソード・ゼロ

緋色のシグナル 警視庁文書捜査官エピソード・ゼロ 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2018年01月25日
商品形態:
電子書籍

緋色のシグナル 警視庁文書捜査官エピソード・ゼロ

  • 著者 麻見 和史
発売日:
2018年01月25日
商品形態:
電子書籍

文字マニアの刑事・鳴海理沙、最初の事件。

発見された遺体の横には、謎の赤い文字が書かれていた――。「蟲」「品」の文字を解読すべく、所轄の巡査部長・鳴海理沙と捜査一課の国木田が奔走。文書解読班設立前の警視庁を舞台に、理沙の推理が冴える!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「緋色のシグナル 警視庁文書捜査官エピソード・ゼロ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 品・蟲・轟・晶・森・磊・・文字フェチ!文書捜査官・鳴海理沙のスタートはここからだったんだ。国木田とのコンビが面白かった。が、これらの漢字からみえるものは・・ちょっと強引かな。「何人か死ななくちゃ、世の 品・蟲・轟・晶・森・磊・・文字フェチ!文書捜査官・鳴海理沙のスタートはここからだったんだ。国木田とのコンビが面白かった。が、これらの漢字からみえるものは・・ちょっと強引かな。「何人か死ななくちゃ、世の中の仕組みは変わらないんだ」そうかもしれない・・そうかもしれないけれど、その為に事故の再現って、人の死をあまりに身勝手だと思った。自分のそばに理沙のようなタイプがいたら、分かるまでちょっと時間が必要かも(汗) …続きを読む
    いつでも母さん
    2018年03月09日
    191人がナイス!しています
  • 麻美さんの文書捜査官シリーズの2作目ですが、主人公が本庁に行く前の代々木警察署にいるときの出来事です。3つの殺人事件で文字がキーポイントになっています。私はそれよりもこの事件の元となったIT業界が本当 麻美さんの文書捜査官シリーズの2作目ですが、主人公が本庁に行く前の代々木警察署にいるときの出来事です。3つの殺人事件で文字がキーポイントになっています。私はそれよりもこの事件の元となったIT業界が本当にこんなにひどい職場なのかということをはじめて知りました。委託、再委託で期限どおりに仕上げなければならない、ということで品質はあとに置かれてしまうのでしょうか?まず品質ありきだと思うのですが。 …続きを読む
    KAZOO
    2018年06月28日
    126人がナイス!しています
  • 『警視庁文書捜査官』シリーズ第2作。ただし、時間軸としては第1作の前(文書解読班に配属される前)になります。システム開発の過酷な労働環境を背景にした殺人事件に代々木所の鳴海理沙が挑みます。ところで、p 『警視庁文書捜査官』シリーズ第2作。ただし、時間軸としては第1作の前(文書解読班に配属される前)になります。システム開発の過酷な労働環境を背景にした殺人事件に代々木所の鳴海理沙が挑みます。ところで、p.40の「父親の後を継いで刑事になった女性警官が、捜一にもいるぞ。なんていったかな、背が低くて……」って、『警視庁殺人分析班』シリーズの塔子ですよね。こういうクロスオーバーはシリーズ物を読む楽しみの一つです。[2018-084] …続きを読む
    17
    2018年09月12日
    77人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品