試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年11月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041088258

愚者の檻 警視庁文書捜査官

  • 著者 麻見 和史
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年11月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041088258

矢代、文書解読班から離脱――!? 連ドラ化の人気警察シリーズ第6弾!

顔を新聞紙で包まれ口に印刷用活字を押し込まれた遺体が発見された。被害者の自宅からは謎の暗号文も見つかり、理沙たちは文書捜査を始める。一方の矢代は岩下管理官に殺人班への異動を持ち掛けられ……!?


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「愚者の檻 警視庁文書捜査官」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 麻見さんの文書捜査官シリーズもはや6冊目となりました。今回は殺され方が異常な感じでの殺人事件捜査です。横溝正史を思い出してしまいました。口の中に13本の金属活字を押し込まれて頭は古い新聞紙に包まれての 麻見さんの文書捜査官シリーズもはや6冊目となりました。今回は殺され方が異常な感じでの殺人事件捜査です。横溝正史を思い出してしまいました。口の中に13本の金属活字を押し込まれて頭は古い新聞紙に包まれての殺人事件でこのチームが出張ります。このチームを快く思っていない管理官から一員がスカウトされそうになりますがそれを断って事件を解決します。それなりに楽しめました。 …続きを読む
    KAZOO
    2019年11月27日
    106人がナイス!しています
  • シリーズ第6弾。文書解読の活躍がどんどん外に出て捜査一課と同じような活動をし始めたのでますます面白い。今回は印刷関係の謎と暗号文。事件は割と簡単な繫がりで読んでる方も犯人は大体推理できるのだが、意外な シリーズ第6弾。文書解読の活躍がどんどん外に出て捜査一課と同じような活動をし始めたのでますます面白い。今回は印刷関係の謎と暗号文。事件は割と簡単な繫がりで読んでる方も犯人は大体推理できるのだが、意外な真相が出てきてビックリ。それより面白いのは岩下管理官の存在。解読班を毛嫌いしている彼女にとって矢代を殺人班に誘ったり、解読班を解体しようと目論む姿が今後のシリーズにどんな影響を与えていくか楽しみ。いいですね、より強固になったチーム解読班。 …続きを読む
    タイ子
    2019年12月30日
    80人がナイス!しています
  • 『文字の神様、感謝します』… 流行りに便乗してONE TEAMになってきたとでも言うのか。それぞれに信念があるなかでも、現場主義のかれの信念が 叶うことを願う。。 『文字の神様、感謝します』… 流行りに便乗してONE TEAMになってきたとでも言うのか。それぞれに信念があるなかでも、現場主義のかれの信念が 叶うことを願う。。
    Junichi Yamaguchi
    2020年01月03日
    34人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品