ドラマ化作品

角川文庫

永久囚人 警視庁文書捜査官

幻想小説どおりに殺人事件が――。文字マニア・鳴海理沙警部補が謎に迫る!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041069967
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ドラマ化作品

角川文庫

永久囚人 警視庁文書捜査官

幻想小説どおりに殺人事件が――。文字マニア・鳴海理沙警部補が謎に迫る!

  • 著者 麻見 和史
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041069967

幻想小説どおりに殺人事件が――。文字マニア・鳴海理沙警部補が謎に迫る!

針金で縛られた遺体が発見された。傍らには、謎の血文字――。
鳴海理沙警部補率いる文書解読班に出動命令が下った。
理沙がダイイングメッセージの解読に注力する一方、
班員の矢代は、新任の夏目と共に遺品の中から小説らしき文章を発見する。
幻想小説『永久囚人』の一部で入手困難な稀覯本だと判明し、その原本を辿っていくと、
さらなる殺人事件が起きてしまい……。
文字を偏愛する理沙が、本に隠された殺人事件を解き明かす!

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

未解決の女 警視庁文書捜査官ドラマPV

「永久囚人 警視庁文書捜査官」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 麻見さんの文書捜査官シリーズ第2作目です(番外編エピソード0がありますが)。この筆者の作品は連続殺人が多くしかもその殺す理由というものがあり、非常に読んでいて最後に納得させられる部分が多く感じます。人 麻見さんの文書捜査官シリーズ第2作目です(番外編エピソード0がありますが)。この筆者の作品は連続殺人が多くしかもその殺す理由というものがあり、非常に読んでいて最後に納得させられる部分が多く感じます。人間関係がある本を通じて分かってきます。本などの文書が矢張り手がかりとなっていきます。今回は主人公の部下にさらに女性の部下が加わります。結構面白いキャラクターと思うのですが苦手な人が多いようです。 …続きを読む
    KAZOO
    2018年07月03日
    105人がナイス!しています
  • これは凄い話だ。犯人側の気持ちもよくわかる。犯人始点の描写はメルヘン調の怖い話で、ラヴクラフトみたいな奇憚だ。あんな状態に何年も置かれたら、そして見守り続けなければならない立場だったらと思うと胸が痛む これは凄い話だ。犯人側の気持ちもよくわかる。犯人始点の描写はメルヘン調の怖い話で、ラヴクラフトみたいな奇憚だ。あんな状態に何年も置かれたら、そして見守り続けなければならない立場だったらと思うと胸が痛む。そういう立場におかれた主観も良く描写できてる。良くも悪くも記憶に残る作品だ。この作家さんを今までよりも好きになった。ただひとつ難点が・・・新キャラの夏目さん、どうも出てくるたびにイライラしてしまう。理沙さんが十分変わりものなので、くどいのでは? …続きを読む
    absinthe
    2019年03月01日
    82人がナイス!しています
  • 新戦力の投入でドラマ寄りの陣容になった感があるが…いや、こっちが先か?本作では文書捜査官の面々が殺人捜査の一角としてその力量を発揮する。作中、チームプレーの為の『個人の力』の必要性を説く鳴海主任に文書 新戦力の投入でドラマ寄りの陣容になった感があるが…いや、こっちが先か?本作では文書捜査官の面々が殺人捜査の一角としてその力量を発揮する。作中、チームプレーの為の『個人の力』の必要性を説く鳴海主任に文書捜査官としてのプライドを見た思いがする。今回、捜査の課程には惹き付けられたが、反面、無理矢理組み立てかのような犯行の不自然さは残念に感じて止まない。 …続きを読む
    sin
    2018年06月07日
    65人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品