角川文庫

灰の轍 警視庁文書捜査官

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041074008
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

灰の轍 警視庁文書捜査官

  • 著者 麻見 和史
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041074008

遺体の傍に、殺人計画が記されたメモが――。文書マニアの理沙が謎に挑む!

遺体の傍に、連続殺人計画のメモが見つかった!さらに、遺留品の中から、謎の暗号が発見され――。連続殺人を食い止めるため、捜査一課文書解読班を率いる鳴海理沙が、メモと暗号の謎に挑む!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「灰の轍 警視庁文書捜査官」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 麻美さんの本も出るとすぐ読む習性になっています。このシリーズも3作目で、この部門での事件のかかわりにかなり苦労されているのではないかという気がしました。パソコンの文字などからいろいろ証拠を集めようとし 麻美さんの本も出るとすぐ読む習性になっています。このシリーズも3作目で、この部門での事件のかかわりにかなり苦労されているのではないかという気がしました。パソコンの文字などからいろいろ証拠を集めようとしますが、なかなか思い通りには・・・・。最近企業からみの話が多いのはマスコミでの影響ですかね。この部門も上司の管理官が嫌っているようでどのようになるのか、あるいは管理官の過去がらみの話が出てくrのでしょうか? …続きを読む
    KAZOO
    2018年12月03日
    101人がナイス!しています
  • やや残念な結果に。麻見さんは大好きだがこのテーマに向いてなかったかもしれない。文書捜査官にも不似合い。専門用語を知っていると、犯人、動機、背景はすぐにわかってしまう。問題は犯人がわかり易すぎることより やや残念な結果に。麻見さんは大好きだがこのテーマに向いてなかったかもしれない。文書捜査官にも不似合い。専門用語を知っていると、犯人、動機、背景はすぐにわかってしまう。問題は犯人がわかり易すぎることより、背景が世俗的で犯罪の背景に想像の余地が残らないこと。読者にあれこれ空想させるのも作家の務めだ。このシリーズは、浮世離れした世界観を持つ犯人像に似合ってる気がする。本作のテーマなら、池井戸さんがやったら名作になったかも。 …続きを読む
    absinthe
    2019年03月04日
    92人がナイス!しています
  • 文書捜査官シリーズ(何作目だっけ)。今回からIT系に強い若者が一人加入。ドラマの影響で解読班のメンバーを俳優陣に変換されながら面白く読了。班長の鳴海理沙が積極的に外回りに出始め何だか活気の様相を見せ始 文書捜査官シリーズ(何作目だっけ)。今回からIT系に強い若者が一人加入。ドラマの影響で解読班のメンバーを俳優陣に変換されながら面白く読了。班長の鳴海理沙が積極的に外回りに出始め何だか活気の様相を見せ始める。75歳の男性が殺され、奇妙なメモがあったところから文書解読班の出動と相成り、そこから地道な捜査が始まる。連続殺人に発展し混迷した捜査から意外な事実が…。鳴海理沙の文字に対する執着さが日本語の難解さを改めて知らしめてくれる。日本語って使い方によって怖くも面白くもなるんですね。 …続きを読む
    タイ子
    2019年01月05日
    72人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品