角川文庫

影の斜塔 警視庁文書捜査官

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年04月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041080481
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

影の斜塔 警視庁文書捜査官

  • 著者 麻見 和史
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年04月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041080481

文書解読班、消滅の危機!?ドラマ化された人気シリーズ最新刊

ある殺人事件に関わる男の行方と所有する文書を入手せよ――。文書解読班の班長、鳴海理沙の元へ、機密命令が下された。手掛かりは1件の目撃情報のみ。班解散の危機と聞き、理沙は全力で事件解明に挑む!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「影の斜塔 警視庁文書捜査官」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • このシリーズもすでに4冊目となったのですね。今回は濱嘉之さんがよく書く内部的な抗争のはなしです。この主人公たちの属する課の中には二人の理事官や管理官さらには班長がいて企業と同じような感じです。二人の理 このシリーズもすでに4冊目となったのですね。今回は濱嘉之さんがよく書く内部的な抗争のはなしです。この主人公たちの属する課の中には二人の理事官や管理官さらには班長がいて企業と同じような感じです。二人の理事官による主人公たちの組織を自分たちの配下に入れようとしてそれに事件が絡みます。主人公たちの能力を評価しているのでしょうか?最後はかなり能力というか裏技が使える班長がうまく収めてくれます。 …続きを読む
    KAZOO
    2019年04月28日
    107人がナイス!しています
  • 警視庁文書捜査官シリーズ。エピソード0を含むと、5作目。今回は、財津係長不在の中、管理職としての理沙の判断が試される展開。警視庁内の派閥争いも絡み、誰が敵で誰が味方かも不透明な状況で捜査が進みます。文 警視庁文書捜査官シリーズ。エピソード0を含むと、5作目。今回は、財津係長不在の中、管理職としての理沙の判断が試される展開。警視庁内の派閥争いも絡み、誰が敵で誰が味方かも不透明な状況で捜査が進みます。文書解読はこじつけ感が薄く、シリーズの中では納得感の高い展開。犯人も意外なところに潜んでおり、最後まで楽しめました。それにしても、財津係長の謎がますます深まり、こちらはこちらで次作以降が楽しみですね。[2019-041] …続きを読む
    17
    2019年05月27日
    75人がナイス!しています
  • 「警視庁捜査一課科学捜査係、文書解読班」シリーズ。今回は警察内部の隠蔽に関わる捜査に於いて、解読班が独自に動くストーリー。面白いのは、初めの方で鳴海理沙が読んでいた本の間に知らぬ間に何者かによって挟ま 「警視庁捜査一課科学捜査係、文書解読班」シリーズ。今回は警察内部の隠蔽に関わる捜査に於いて、解読班が独自に動くストーリー。面白いのは、初めの方で鳴海理沙が読んでいた本の間に知らぬ間に何者かによって挟まれたメモが後々大きな意味をなしていく流れ。今回は財津係長が出張の為、出番は多くないもののこの先の解読班にとって何やら不安な空気を纏わせる存在に。この文字、数字からよく思いつくなと今回も感心しきり。まだまだ続いて欲しい文書解読班なので上層部は邪魔をしないでいただきたいと愛読者は思うのです。 …続きを読む
    タイ子
    2019年05月21日
    69人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品