透明カメレオン

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041063521

透明カメレオン

  • 著者 道尾 秀介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041063521

驚愕と感涙のラストが待つ、最強のエンタメ小説!

ラジオパーソナリティの恭太郎は、素敵な声と冴えない容姿の持ち主。バー「if」に集まる仲間たちの話を面白おかしくつくり変え、リスナーに届けていた。大雨の夜、びしょ濡れの美女がバーに迷い込み、彼らは「ある殺害計画」を手伝わされることに。意図不明の指示に振り回され、一緒の時間を過ごすうち、恭太郎は彼女に心惹かれていく。「僕はこの人が大好きなのだ」。秘められた想いが胸を打つ、感涙必至のエンタメ小説。


おすすめコメント

序盤の穏やかな展開に浸っていると、気づいた時にはもう遅い。後半に向かうにつれ、自分のページをめくる手のスピードを止められないほど物語にのめり込んでしまい、ゾクッとしました。
是非、この本をきっかけに道尾さんの世界へ足を踏み入れてみて下さい。
――松坂桃李

今さら僕が面白さを保証する必要もないだろう。なぜなら、書いたのが道尾秀介だから。
なので、ここでは一読者として、偽りなき想いをひと言だけ――。
素晴らしい〈嘘(エンターテインメント)〉をありがとう、道尾くん。
――綾辻行人

見えないカメレオンに出逢えた時の感動ったら、凄まじいものです。ぜひ!
――河瀬直美(映画監督)

メディアミックス情報

NEWS

「透明カメレオン」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★☆☆18012 主人公の男性はラジオパーソナリティーをしていて、人を惹きつける声なのですが容姿がイマイチ。飲み仲間の集うバーに仕事帰りに寄った際、見知らぬ女性が入店したキッカケで、周囲の人達が彼 ★★★☆☆18012 主人公の男性はラジオパーソナリティーをしていて、人を惹きつける声なのですが容姿がイマイチ。飲み仲間の集うバーに仕事帰りに寄った際、見知らぬ女性が入店したキッカケで、周囲の人達が彼女の謎めいた作戦に巻き込まれてしまうという流れで始まります。もう、彼女に振り回されっぱなし。。脱線話ですけど、名探偵コナンって気絶した毛利小五郎に代わって影で密かにお喋りをしているけど余程の間抜けでもない限り、普通は気がつくだろう!喋ってるのに体がピクリとも動かないし声の聞こえてくる方向も違うだろう〜! …続きを読む
    相田うえお
    2018年02月10日
    139人がナイス!しています
  • 様々な「嘘」に溢れた物語。どんでん返しに次ぐどんでん返しで、おもわぬラスト。周到なトリックが素晴らしいエンタメ作品。そして作中に出てきた「透明カメレオン」。何故それがタイトルになるほど重要なものなのか 様々な「嘘」に溢れた物語。どんでん返しに次ぐどんでん返しで、おもわぬラスト。周到なトリックが素晴らしいエンタメ作品。そして作中に出てきた「透明カメレオン」。何故それがタイトルになるほど重要なものなのか考えながら読み進めてラストにその理由が判明して納得。ラジオDJの主人公とその友人たちが巻き込まれる事件を描いた物語。言葉や嘘に人は傷つけられても人は希望は捨てずに支え合う。人間は醜くて美しいものだと改めて知ることが出来ました。そして目に見えない世界の愛しさを再確認できた作品でした! …続きを読む
    タカユキ
    2018年06月10日
    115人がナイス!しています
  • 久々の道尾さん。声だけが魅力的なラジオパーソナリティの恭太郎。見た目と声とのギャップ故、人との関わりが苦手な彼にも行きつけのバー「if」がある。そこの常連さんたちとは打ち解けられ、彼らの話をラジオのネ 久々の道尾さん。声だけが魅力的なラジオパーソナリティの恭太郎。見た目と声とのギャップ故、人との関わりが苦手な彼にも行きつけのバー「if」がある。そこの常連さんたちとは打ち解けられ、彼らの話をラジオのネタとして面白おかしくリスナーに届けていく。そんなある日、三梶恵という女の子が「if」に現れ、ひょんなことから恭太郎を含む「if」の常連たちは恵の「殺人計画」に巻き込まれていく。途中まではコミカル要素を含んだドタバタ劇が最後はホロッとくる切ないどんでん返し。いやぁ、読ませますね。《2018年98冊目》 …続きを読む
    aqua_33
    2018年05月21日
    93人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

道尾 秀介(みちお しゅうすけ)

1975年生まれ。2004年『背の眼』で第5回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞し、デビュー。05年に上梓された『向日葵の咲かない夏』が08年に文庫化され100万部を超えるベストセラーに。
07年『シャドウ』で第7回本格ミステリ大賞、09年『カラスの親指』で第62回日本推理作家協会賞、10年『龍神の雨』で第12回大藪晴彦賞、『光媒の花』で第23回山本周五郎賞を受賞。11年、史上初となる5回連続候補を経て『月と蟹』で第144回直木賞を受賞。
他に『鬼の跫音』『球体の蛇』『スタフ』『サーモン・キャッチャー the Novel』『満月の泥枕』『風神の手』など著作多数。

最近チェックした商品