透明カメレオン

透明カメレオン

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041063521
label

透明カメレオン

  • 著者 道尾 秀介
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2018年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041063521

驚愕と感涙のラストが待つ、最強のエンタメ小説!

ラジオパーソナリティの恭太郎は、素敵な声と冴えない容姿の持ち主。バー「if」に集まる仲間たちの話を面白おかしくつくり変え、リスナーに届けていた。大雨の夜、びしょ濡れの美女がバーに迷い込み、彼らは「ある殺害計画」を手伝わされることに。意図不明の指示に振り回され、一緒の時間を過ごすうち、恭太郎は彼女に心惹かれていく。「僕はこの人が大好きなのだ」。秘められた想いが胸を打つ、感涙必至のエンタメ小説。 ラジオパーソナリティの恭太郎は、素敵な声と冴えない容姿の持ち主。バー「if」に集まる仲間たちの話を面白おかしくつくり変え、リスナーに届けていた。大雨の夜、びしょ濡れの美女がバーに迷い込み、彼らは「ある殺害計画」を手伝わされることに。意図不明の指示に振り回され、一緒の時間を過ごすうち、恭太郎は彼女に心惹かれていく。「僕はこの人が大好きなのだ」。秘められた想いが胸を打つ、感涙必至のエンタメ小説。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

桐畑恭太郎

ラジオのパーソナリティ。冴えない容姿と特殊な声の持ち主。

三梶恵

バー「if」に迷い込んできた美女。恭太郎たちにある殺害計画を手伝わせる。

輝美ママ

浅草にあるバー「if」のママ。

百花さん

「if」の常連。有名店のナンバーワン・キャバクラ嬢。

石之崎さん

「if」の常連。害獣害虫駆除の自営業。

レイカさん

「if」の常連。ゲイバーで働くホステス。

重松さん

「if」の常連。「仏壇の重」七代目店主。七十歳。

餅岡さん

恭太郎のラジオ番組のディレクター。



ラジオドラマはこちら!

https://www.sinkan.jp/radio/1761


おすすめコメント

序盤の穏やかな展開に浸っていると、気づいた時にはもう遅い。後半に向かうにつれ、自分のページをめくる手のスピードを止められないほど物語にのめり込んでしまい、ゾクッとしました。
是非、この本をきっかけに道尾さんの世界へ足を踏み入れてみて下さい。
――松坂桃李

今さら僕が面白さを保証する必要もないだろう。なぜなら、書いたのが道尾秀介だから。
なので、ここでは一読者として、偽りなき想いをひと言だけ――。
素晴らしい〈嘘(エンターテインメント)〉をありがとう、道尾くん。
――綾辻行人

嘘を真実に変える力を、私達はいつだって求めている。
でも、一人では無理なのかもしれない。未完成な仲間たちの織りなす、
雑多な賑やかさのなかでこそ、大げさすぎない等身大の希望を見つけられるのではないか。
――綿矢りさ

見えないカメレオンに出逢えた時の感動ったら、凄まじいものです。ぜひ!
――河瀬直美(映画監督)

冴えない嘘だなぁと思ってたら、、、ごめんなさい。寒い夜にあったまりました。
――光浦靖子(タレント)




プロモーションムービー

あらすじPV

著者インタビュー動画

「透明カメレオン」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • リスナーを魅了する声の持ち主 恭太郎、自ら語る容姿をはじめ彼の周囲を取り巻く嘘が導く顚末とは…序盤から、いきつけのバー“if”に集まる個性的な面々による寸劇や、ラジオ番組で流れる様子に読んでクスッと期待は高 リスナーを魅了する声の持ち主 恭太郎、自ら語る容姿をはじめ彼の周囲を取り巻く嘘が導く顚末とは…序盤から、いきつけのバー“if”に集まる個性的な面々による寸劇や、ラジオ番組で流れる様子に読んでクスッと期待は高まるばかり。ただ、中盤までは軽快に読み進めるも単なるドタバタ模様に正直つかみどころがない。しかし流石にタダでは終わらぬ道尾作品、後半一気に派手な展開見せると綺麗に伏線回収して心地よい。ラスト微笑ましく終わるのかと思わせて、仕掛けられた反転はせつなくも涙誘わせてズルい…誰もが抱える弱さを補う嘘って素敵だ。 …続きを読む
    nobby
    2018年01月30日
    194人がナイス!しています
  • この作家を知ってるだけに、最初からミステリーなんだと思って読み始めたのが失敗でした。 いい感じに謎が提出されるし、伏線のような挿話も面白いし、どういう展開になるんだろうと思っていたら、まるでドタバタ活 この作家を知ってるだけに、最初からミステリーなんだと思って読み始めたのが失敗でした。 いい感じに謎が提出されるし、伏線のような挿話も面白いし、どういう展開になるんだろうと思っていたら、まるでドタバタ活劇のような、それでいて、下町人情的な話になってきて、最初から、そう思って読んでたら、捉え方も違ってのかも知れません。 だからといって、面白くないわけではなのです。 ただ、ミステリー要素がないのが残念でしたね。 …続きを読む
    散文の詞
    2021年07月08日
    186人がナイス!しています
  • ★★★★★★☆☆☆☆隠された嘘が印象深い道尾秀介の長編。声だけが素敵なラジオパーソナリティーの恭太郎は、行きつけのバー「if」に突如現れた謎の女・恵の策略に嵌められある男の殺害計画に加担することに…。と書くとゴリ ★★★★★★☆☆☆☆隠された嘘が印象深い道尾秀介の長編。声だけが素敵なラジオパーソナリティーの恭太郎は、行きつけのバー「if」に突如現れた謎の女・恵の策略に嵌められある男の殺害計画に加担することに…。と書くとゴリゴリのサスペンスのようだが、実際は個性的な仲間と繰り広げる痛快な復讐コメディ。恵の意図が読めないうちは恭太郎同様に混乱し、ご都合主義に感じる場面も多いものの、最後に明かされる真相を知り人の傷を癒す優しい嘘もあるのだと認識させられた。バーの店名に込めた意味に気付いた時が一番の衝撃だったかもしれない。 …続きを読む
    イアン
    2022年11月16日
    155人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

道尾 秀介(みちお しゅうすけ)

1975年生まれ。2004年『背の眼』で第5回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞し、デビュー。05年に上梓された『向日葵の咲かない夏』が08年に文庫化され100万部を超えるベストセラーに。
07年『シャドウ』で第7回本格ミステリ大賞、09年『カラスの親指』で第62回日本推理作家協会賞、10年『龍神の雨』で第12回大藪晴彦賞、『光媒の花』で第23回山本周五郎賞を受賞。11年、史上初となる5回連続候補を経て『月と蟹』で第144回直木賞を受賞。
他に『鬼の跫音』『球体の蛇』『スタフ』『サーモン・キャッチャー the Novel』『満月の泥枕』『風神の手』など著作多数。

この著者の商品

最近チェックした商品