スケルトン・キー

スケルトン・キー

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041113301
label

スケルトン・キー

  • 著者 道尾 秀介
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2021年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041113301

この違和感の真相を見破れるか? 一気読み&再読必至のダークミステリ!

僕は自分から何かを奪う人間を許さない――。

かつてないドライブ感と衝撃。予測不能のダークミステリ!

19歳の坂木錠也(さかき じょうや)は、ある雑誌の追跡潜入調査を手伝っている。
危険な仕事ばかりだが、生まれつき恐怖という感情が欠如した錠也にとっては天職のようなものだ。
天涯孤独の身の上で、顔も知らぬ母から託されたのは、謎めいた銅製のキーただ1つ。
ある日、児童養護施設時代の友達が錠也の出生の秘密を彼に教える。
それは衝動的な殺人の連鎖を引き起こして……。
二度読み必至のノンストップ・ミステリ! 


「道尾秀介本人がサイコパスなのではないか」
という疑念が生じるほどに、真に迫った表現がされている。
――中野信子(脳科学者)【解説より】
僕は自分から何かを奪う人間を許さない――。

かつてないドライブ感と衝撃。予測不能のダークミステリ!

19歳の坂木錠也(さかき じょうや)は、ある雑誌の追跡潜入調査を手伝っている。
危険な仕事ばかりだが、生まれつき恐怖という感情が欠如した錠也にとっては天職のようなものだ。
天涯孤独の身の上で、顔も知らぬ母から託されたのは、謎めいた銅製のキーただ1つ。
ある日、児童養護施設時代の友達が錠也の出生の秘密を彼に教える。
それは衝動的な殺人の連鎖を引き起こして……。
二度読み必至のノンストップ・ミステリ! 


「道尾秀介本人がサイコパスなのではないか」
という疑念が生じるほどに、真に迫った表現がされている。
――中野信子(脳科学者)【解説より】

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「スケルトン・キー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 何を書いてもネタバレになりそうで、参ったなぁ。息もつかせぬ展開は流石です。でも注意すべきは、いつの間にやら解決編に突入してしまう事。一旦整理してから入れると良いけど、突然そう言う事‼︎ ってなっちゃった 何を書いてもネタバレになりそうで、参ったなぁ。息もつかせぬ展開は流石です。でも注意すべきは、いつの間にやら解決編に突入してしまう事。一旦整理してから入れると良いけど、突然そう言う事‼︎ ってなっちゃったよ。でも、読み応えありました( ¨̮ )。あとね、小説としては満点の展開ですが、主人公錠也の取った行動としては手落ちと思う事があってね。何でそうしちゃったかなぁと。ひかりさんは普通では使わない字を用いるそうなんですけど、出ましたか?見落としたかなぁ(。•́ - •̀。)。 …続きを読む
    mae.dat
    2022年07月13日
    238人がナイス!しています
  • 「サイコパス」を題材にした世界観はまさに予測不能なダークミステリー。著者代表作の『向日葵の咲かない夏』とはまた違ったゾワッとさせられる感覚を満喫できる一冊。丁寧に仕掛けられたその罠に見事に絡め取られ、 「サイコパス」を題材にした世界観はまさに予測不能なダークミステリー。著者代表作の『向日葵の咲かない夏』とはまた違ったゾワッとさせられる感覚を満喫できる一冊。丁寧に仕掛けられたその罠に見事に絡め取られ、気付いた時には何処から?と直ぐに読み直してしまった。そして待ち受ける壮絶なバトルの行方には、思わず目を背けたくなる様な狂気と彼等の心理描写が見て取れる。紆余曲折を経て迎える終盤、閉ざされた“箱”を開けた先に、彼は新たな未来を見据える事が出来るのだろうか。黒道尾を堪能できる良作だ。 …続きを読む
    ナルピーチ
    2021年12月19日
    217人がナイス!しています
  • ★★★★★★☆☆☆☆ダークな雰囲気に包まれた道尾秀介のサイコ・サスペンス。児童養護施設出身でサイコパスを自認する錠也は、二十歳を前に自身の出自とそこに隠された悲しき秘密を知る。彼が初めて〝恐怖〟を覚えた時、その ★★★★★★☆☆☆☆ダークな雰囲気に包まれた道尾秀介のサイコ・サスペンス。児童養護施設出身でサイコパスを自認する錠也は、二十歳を前に自身の出自とそこに隠された悲しき秘密を知る。彼が初めて〝恐怖〟を覚えた時、その目に映ったものとは…。本格ミステリなら物議を醸しそうなあのトリックは面白く、「八」や「三」など違和感ない所から始まる章番号のギミックも計算され尽くしている。ただ、逆にいえばここが驚きのピークで、暴力的な描写に頼ったラストにはやや物足りなさを感じた。読後「サイコパス 偉人」で検索した結果にまた驚いた。 …続きを読む
    イアン
    2021年11月01日
    171人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品