水やりはいつも深夜だけど

水やりはいつも深夜だけど

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041054956
label

水やりはいつも深夜だけど

  • 著者 窪 美澄
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2017年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041054956

ごく普通の家庭の生々しい現実を強烈にえぐり出した、 珠玉の連作集。

『ふがいない僕は空を見た』『よるのふくらみ』の実力派が贈る、珠玉の連作集

セレブママとしてブログを更新しながら周囲の評価に怯える主婦。
仕事が忙しく子育てに参加できず、妻や義理の両親からうとまれる夫。
自分の娘の発達障害を疑い、自己嫌悪に陥る主婦。
出産を経て変貌した妻に違和感を覚え、若い女に傾いてしまう男。
父の再婚により突然やってきた義母に戸惑う、高一女子。

文庫化に際し、オリジナル短編、一編追加収録。
『ふがいない僕は空を見た』『よるのふくらみ』の実力派が贈る、珠玉の連作集

セレブママとしてブログを更新しながら周囲の評価に怯える主婦。
仕事が忙しく子育てに参加できず、妻や義理の両親からうとまれる夫。
自分の娘の発達障害を疑い、自己嫌悪に陥る主婦。
出産を経て変貌した妻に違和感を覚え、若い女に傾いてしまう男。
父の再婚により突然やってきた義母に戸惑う、高一女子。

文庫化に際し、オリジナル短編、一編追加収録。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

あらすじ紹介

おすすめコメント

小説で誰かを救う。そんな大それたことは言いづらい。
だけど、それに本気で挑戦している作家は確かにいるのだと、窪美澄を読むといつもそう思う。
――朝井リョウ(作家)

完璧に愛せないなら最初から愛さないほうがいい?
そんなわけない、狭量でも自信がなくても家族を作っていいと思わせてくれた小説です。
――山本文緒(作家)

そうそう!散らかった食卓で、深夜のリビングで、男も女も、人生の暗い淵を覗いては戻ってくる。とても他人事とは思えない。
――小島慶子(タレント・エッセイスト)

見知らぬ誰かの気持ちが、生々しく、奥深くまで沁みてくる。秀逸なタイトルが胸にストンと落ちてきました。
――中江有里(女優・作家)

プロモーションムービー

メッセージ動画

「水やりはいつも深夜だけど」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 窪さんの作品を読むと、いつだって紙ヤスリで心臓をギリギリこすられるような気持ちにさせられる。主人公たちはどれもみな、日常生活の中で声にならない叫び声を上げているのだけれど、読者はたいてい過去に、似たよ 窪さんの作品を読むと、いつだって紙ヤスリで心臓をギリギリこすられるような気持ちにさせられる。主人公たちはどれもみな、日常生活の中で声にならない叫び声を上げているのだけれど、読者はたいてい過去に、似たような体験をしているのではないかしら。だからこそ容易に感情移入してしまう。辛口を言うと、どの物語でも主人公たちは善意に守られており、ラストはあっけなく問題解決となる。実際はなかなかこうならないんだけどなぁ。きっとこれは悩める現代人への、窪さんからの応援歌なのだろう。 …続きを読む
    ミカママ
    2018年08月03日
    441人がナイス!しています
  • 同じ街、同じ幼稚園に子どもが通う家庭を舞台に、そこに暮らす主人公達の過去と今の思いを絶妙に重ね合わせていくこの作品。そこには、『これがほんとうに、おれが望んだ家族のカタチなんだろうか』と、自分が思い描 同じ街、同じ幼稚園に子どもが通う家庭を舞台に、そこに暮らす主人公達の過去と今の思いを絶妙に重ね合わせていくこの作品。そこには、『これがほんとうに、おれが望んだ家族のカタチなんだろうか』と、自分が思い描く『家族』の『カタチ』にはならず、自身の忘れたい記憶と今が重なっていくのを意識せざるをえなくなる主人公達の心の葛藤が描かれていました。それぞれに重量級の内容が描かれるにも関わらず、極めて読後感の良い結末に導かれるこの作品。書名に感じる意味深さの中に、主人公達が胸に抱き続ける感情の有り様を強く感じた作品でした。 …続きを読む
    さてさて
    2022年07月25日
    299人がナイス!しています
  • 初読み作家さんでした。思い出の植物を絡めた家族にまつわる短編集。老若男女、色々な世代の主人公の気持ちがここまでわかるのは凄いと思います。家族なんて血が繋がっていなくてもそうあろうと決めて作り上げていけ 初読み作家さんでした。思い出の植物を絡めた家族にまつわる短編集。老若男女、色々な世代の主人公の気持ちがここまでわかるのは凄いと思います。家族なんて血が繋がっていなくてもそうあろうと決めて作り上げていける、また、子供から見れば家族は自分で選ぶことが出来ないから今の家族の形に自分がはまるようにしてゆけばいいという言葉に納得しました。どの話も身近にありそうなものばかりで作者が言うように結婚が逆に嫌になるかもしれないものもありましたが現実的で、むしろ今同じ状況にある人が読めば前を向いていけそうにも思います。 …続きを読む
    2018年01月08日
    264人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

写真:窪 美澄(くぼ・みすみ)

窪 美澄(くぼ・みすみ)

1965年、東京都生まれ。短大中退後、広告制作会社、フリーの編集ライターを経て、2009年、「ミクマリ」で第8回女による女のためのR-18文学賞対象を受賞しデビュー。
11年、受賞作を収録した『ふがいない僕は空を見た』で山本周五郎賞を受賞、本屋大賞第2位に選ばれた。12年、『晴天の迷いクジラ』で第3回山田風太郎賞を受賞。
その他の著書に『クラウドクラスターを愛する方法』『アニバーサリー』『雨のなまえ』『よるのふくらみ』などがある。

この著者の商品

最近チェックした商品