水やりはいつも深夜だけど

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041054956

水やりはいつも深夜だけど

  • 著者 窪 美澄
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041054956

ごく普通の家庭の生々しい現実を強烈にえぐり出した、 珠玉の連作集。

『ふがいない僕は空を見た』『よるのふくらみ』の実力派が贈る、珠玉の連作集

セレブママとしてブログを更新しながら周囲の評価に怯える主婦。
仕事が忙しく子育てに参加できず、妻や義理の両親からうとまれる夫。
自分の娘の発達障害を疑い、自己嫌悪に陥る主婦。
出産を経て変貌した妻に違和感を覚え、若い女に傾いてしまう男。
父の再婚により突然やってきた義母に戸惑う、高一女子。

文庫化に際し、オリジナル短編、一編追加収録。


おすすめコメント

小説で誰かを救う。そんな大それたことは言いづらい。
だけど、それに本気で挑戦している作家は確かにいるのだと、窪美澄を読むといつもそう思う。
――朝井リョウ(作家)

完璧に愛せないなら最初から愛さないほうがいい?
そんなわけない、狭量でも自信がなくても家族を作っていいと思わせてくれた小説です。
――山本文緒(作家)

そうそう!散らかった食卓で、深夜のリビングで、男も女も、人生の暗い淵を覗いては戻ってくる。とても他人事とは思えない。
――小島慶子(タレント・エッセイスト)

見知らぬ誰かの気持ちが、生々しく、奥深くまで沁みてくる。秀逸なタイトルが胸にストンと落ちてきました。
――中江有里(女優・作家)

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

メッセージ動画

「水やりはいつも深夜だけど」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 初読み作家さん。短編集。1つの短編につきポーチュラカ サボテン ゲンノショウコなどの植物が1つ登場する。短編なのに熱く 凄い存在感。植物というスパイスが良く効いている。他の作品も読みたくなった。面白い 初読み作家さん。短編集。1つの短編につきポーチュラカ サボテン ゲンノショウコなどの植物が1つ登場する。短編なのに熱く 凄い存在感。植物というスパイスが良く効いている。他の作品も読みたくなった。面白いというより心に訴えてくると言ったほうがいい感じ。巻末に「かそけきサンカヨウ」の続編も載せられていて良かった。加藤シゲアキとの対談も載せられていて 少し得した文庫版でした。 …続きを読む
    まる
    2017年06月03日
    192人がナイス!しています
  • 仮面をつけて薄く交わって、当たり障りなく天気の話、服装の話、関わりのないニュースの話で時間をかせぐ。軽い気持ちで「いいね」を押して、マウンティングには目を伏せて曖昧な微笑。不快感を与えないことが肝要で 仮面をつけて薄く交わって、当たり障りなく天気の話、服装の話、関わりのないニュースの話で時間をかせぐ。軽い気持ちで「いいね」を押して、マウンティングには目を伏せて曖昧な微笑。不快感を与えないことが肝要です。毎日はとても疲れるけど、私を傷つけないようやり過ごす術を磨く。 それでも家族が自分を傷つけるのは、あまりにも近くて、自分の柔らかな部分に常に触れているから。揺らさないで。でも傷を塞ぐのは傷をつけた人だけ。乾くまで放っておいたなら水をやってよ。気持ちの良い朝じゃなくていい、ぐったりした深夜でもいいから。 …続きを読む
    ちなぽむ
    2019年08月12日
    179人がナイス!しています
  • 初読み作家さんでした。思い出の植物を絡めた家族にまつわる短編集。老若男女、色々な世代の主人公の気持ちがここまでわかるのは凄いと思います。家族なんて血が繋がっていなくてもそうあろうと決めて作り上げていけ 初読み作家さんでした。思い出の植物を絡めた家族にまつわる短編集。老若男女、色々な世代の主人公の気持ちがここまでわかるのは凄いと思います。家族なんて血が繋がっていなくてもそうあろうと決めて作り上げていける、また、子供から見れば家族は自分で選ぶことが出来ないから今の家族の形に自分がはまるようにしてゆけばいいという言葉に納得しました。どの話も身近にありそうなものばかりで作者が言うように結婚が逆に嫌になるかもしれないものもありましたが現実的で、むしろ今同じ状況にある人が読めば前を向いていけそうにも思います。 …続きを読む
    2018年01月08日
    174人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

どの話も読み応えのある短編で、1つ1つのストーリーが際立っていました。また、いつもの窪先生の著書とは雰囲気が変わっていたのも新鮮でした。登場人物たちの微妙な心情が自分の持っている感情とピタッと重なったり、あぁ女の感情はめんどくさい!と自分も同性ながらしみじみ思いました。――ポピー

ごく身近な世界での、ごくありふれた家族を題材とした短編集ですが、そのいずれの作品もたいへん興味深く読ませて頂きました。新人とは思えないほど熟成された文章や、巧みな筆致に感動しました。――淡心

この短編集のどこにでもいるような登場人物たちは、悩みを抱えつつも平凡な家族でいようともがいていた。
その人間模様は非常にリアルで、惹きこまれた。また、苦しむだけでなく最終的に悩みに向き合うことで、自分が生きる道を見出し前に進んでいくことが出来たのは心にしみて良い作品だったと思う。――REDMOON

著者紹介

窪 美澄(くぼ・みすみ)

1965年、東京都生まれ。短大中退後、広告制作会社、フリーの編集ライターを経て、2009年、「ミクマリ」で第8回女による女のためのR-18文学賞対象を受賞しデビュー。
11年、受賞作を収録した『ふがいない僕は空を見た』で山本周五郎賞を受賞、本屋大賞第2位に選ばれた。12年、『晴天の迷いクジラ』で第3回山田風太郎賞を受賞。
その他の著書に『クラウドクラスターを愛する方法』『アニバーサリー』『雨のなまえ』『よるのふくらみ』などがある。

この著者の商品

最近チェックした商品