ははのれんあい

ははのれんあい

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041143193
label

ははのれんあい

  • 著者 窪 美澄
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041143193

この子のためならなんだってできる――子を守る母と支える僕、家族の一代記

夫とは職場の友人を通じて知り合った。口数は少ないし、ぶっきらぼうだけど、優しい。結婚して智晴(ちはる)が生まれ、慎ましいながらも幸せな3人生活が始まった。しかし生活はなかなか立ち行かない。息子を預けて働きに出た由紀子は、久しぶりの仕事で足を引っ張りながらも何とか食らいつき、家庭と両立していく。そんな矢先に発覚した、双子の次男と三男の妊娠……家族が増えてより賑やかになる一方、由紀子の前に立ち塞がる義母の死、夫との不和、そして――。「家族は時々、形を変えることがあるの。だけど、家族はずっと家族なの」。どんな形をしていても「家族」としてどれも間違ってない、ということを伝えたかったと語る直木賞作家・窪美澄が放つ、渾身の家族小説。文庫版には家族のその後を描いたスピンオフ短編「ははのけっこん」も収録。解説・白石一文 夫とは職場の友人を通じて知り合った。口数は少ないし、ぶっきらぼうだけど、優しい。結婚して智晴(ちはる)が生まれ、慎ましいながらも幸せな3人生活が始まった。しかし生活はなかなか立ち行かない。息子を預けて働きに出た由紀子は、久しぶりの仕事で足を引っ張りながらも何とか食らいつき、家庭と両立していく。そんな矢先に発覚した、双子の次男と三男の妊娠……家族が増えてより賑やかになる一方、由紀子の前に立ち塞がる義母の死、夫との不和、そして――。「家族は時々、形を変えることがあるの。だけど、家族はずっと家族なの」。どんな形をしていても「家族」としてどれも間違ってない、ということを伝えたかったと語る直木賞作家・窪美澄が放つ、渾身の家族小説。文庫版には家族のその後を描いたスピンオフ短編「ははのけっこん」も収録。解説・白石一文

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第一部
第一章 かぞくのはじまり
第二章 せかいのひろがり
第三章 ちはる、あにになる
第四章 かわっていくかぞく

第二部
第一章 ちはる、ははになる
第二章 ちはる、こいをしる
第三章 あたらしいかぞくのかたち

ははのけっこん

「ははのれんあい」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 題名から勝手に母と娘の確執をえがいたものだと思っていたが、それは勝手な偏見だった。親子二代にわたる恋と葛藤であり、生きることの重みを活写している。母も父も、親であるまえに男女であり、ひとりの人間だとい 題名から勝手に母と娘の確執をえがいたものだと思っていたが、それは勝手な偏見だった。親子二代にわたる恋と葛藤であり、生きることの重みを活写している。母も父も、親であるまえに男女であり、ひとりの人間だということが呑み込めるまでは、子どもの心労は甚だしい。ほんとうに理解できるようになるまでには、同じ立場になってみないとわからないし、そこに至る長い道のりがある。感覚的に共感できる作品だった。 …続きを読む
    佐島楓
    2024年02月03日
    58人がナイス!しています
  • 由紀子さんと智久さんの人物像が、年代・視点が違うと全く違うものに見えて、精神の成長具合なんかがすごくリアリティーがあって面白かった。学生時代だったら絶対智晴に感情移入していたな、と思うし、今は由紀子さ 由紀子さんと智久さんの人物像が、年代・視点が違うと全く違うものに見えて、精神の成長具合なんかがすごくリアリティーがあって面白かった。学生時代だったら絶対智晴に感情移入していたな、と思うし、今は由紀子さんにどっぷりだったので、何回か読み直していかれる本だと思う。由紀子さんのお母さんだけ、常に、由紀子母、と称されて名前が出てこなかったのには何か理由があるのかな? …続きを読む
    ミクロかめ
    2024年02月16日
    13人がナイス!しています
  • めちゃくちゃ良かった。今年のベスト本候補に入ると思う。一つの家族の変化の物語。妊娠、浮気、離婚、身内の死、様々な経験をそれぞれがどう捉え、その捉え方を自分の成長と共にどう受け入れていくか。自分も家族の めちゃくちゃ良かった。今年のベスト本候補に入ると思う。一つの家族の変化の物語。妊娠、浮気、離婚、身内の死、様々な経験をそれぞれがどう捉え、その捉え方を自分の成長と共にどう受け入れていくか。自分も家族の形にはもう何年も悩まされてきてしまった人生だったので、凄く色んなものが深く刺さった。途中で母から子へ語り手が変わるのも構成として素晴らしく良かった。近年の社会問題にも柔らかく触れつつ、今時らしい小説でもある。窪美澄さんの小説は涙腺が緩むことが多い。結構危なかった。 …続きを読む
    この
    2024年02月06日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品