怪しい店

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041049600

怪しい店

  • 著者 有栖川 有栖
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041049600

大人気!火村英生シリーズ、切れ味鋭い作品集が待望の文庫化!

推理作家・有栖川有栖は、盟友の犯罪学者・火村英生を、敬意を持ってこう呼ぶ。
「臨床犯罪学者」と。

骨董品店〈骨董 あわしま〉で、店主の左衛門が殺された。
生前の左衛門を惑わせた「変な物」とは……。(「古物の魔」)ほか、
美しい海を臨む理髪店で火村が見かけた、
列車に向かいハンカチを振る美女など、
美しくも恐ろしい「お店」を巡る謎を、
火村と有栖の名コンビが解き明かす。

火村英生シリーズ、珠玉の作品集が登場。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「怪しい店」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 有栖川さん、初読です。シリーズ作品ですが違和感なく読みます。店をテーマにした短編の数々。日常的なミステリーだったり、犯人視点の作品だったりバラエティに富んでいました。続けて読みたいと思います。【カドフ 有栖川さん、初読です。シリーズ作品ですが違和感なく読みます。店をテーマにした短編の数々。日常的なミステリーだったり、犯人視点の作品だったりバラエティに富んでいました。続けて読みたいと思います。【カドフェス 201】 …続きを読む
    ゴンゾウ
    2019年10月11日
    103人がナイス!しています
  • 作家アリスシリーズの短編集。相変わらず安定して面白い。火村によってはぎ取られていく犯罪者と犯罪被害者の素顔に、凄みを感じた。 作家アリスシリーズの短編集。相変わらず安定して面白い。火村によってはぎ取られていく犯罪者と犯罪被害者の素顔に、凄みを感じた。
    佐島楓@勉強中
    2017年01月28日
    78人がナイス!しています
  • 続けて火村シリーズ短編集。『古物の魔』ウオマサの物の価値を知るには『お金を出して買う』とても胸にささりました。物欲の少ない自分は必要なものしか買わない。必要なものを必要以上に買ってしまう。もっといろん 続けて火村シリーズ短編集。『古物の魔』ウオマサの物の価値を知るには『お金を出して買う』とても胸にささりました。物欲の少ない自分は必要なものしか買わない。必要なものを必要以上に買ってしまう。もっといろんなものを買ってみよう。この短編集が一番好きでした。『潮騒理髪店』髪の毛で何をするつもりだったんだろう。そんなことにすがるほど追い詰められたリカちゃん、大丈夫か?『怪しい店』有栖川有栖と高柳の最後の喫茶店のシーンが好き。さてさて、角川の火村シリーズ攻略しました。次の『鍵のかかった男』まではいきますか。 …続きを読む
    papako
    2017年12月17日
    73人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品