暗い宿

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041913079

暗い宿

  • 著者 有栖川 有栖
  • デザイン 大路 浩実
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041913079

チェックアウトはできますが、去ることはかないません。

廃業が決まった取り壊し直前の民宿、南の島の極楽めいたリゾートホテル、冬の温泉旅館、都心のシティホテル……様々な宿で起こる難事件に、おなじみ火村・有栖川コンビが挑む!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「暗い宿」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 作家アリスシリーズお宿編(笑)「宿」という非日常な場所で起こる事件と、超現実とも言える「さもありなん」な結末とのコントラストが効いた短編集。一番印象に残ったのはやはり「ホテル・ラフレシア」。イーグルス 作家アリスシリーズお宿編(笑)「宿」という非日常な場所で起こる事件と、超現実とも言える「さもありなん」な結末とのコントラストが効いた短編集。一番印象に残ったのはやはり「ホテル・ラフレシア」。イーグルスの名曲ホテル・カリフォルニアの「チェックアウトはいつでもできるが二度と離れることはできない」という最後の一節は「負に冒された人間がそこから抜け出すことは容易ではない」という意味に受け取れるとした解釈もあり暗喩的である。「201号室の災厄」の裏の裏を掻かれたような結末は新鮮。シャングリラの行く末が気になる(笑) …続きを読む
    Yoko Omoto
    2014年05月22日
    164人がナイス!しています
  • 作家アリスその10。宿をテーマにした短編集。ホテル・ラフレシアがイイ。この話を見るとミステリーナイトに行きたくなってしまう。 作家アリスその10。宿をテーマにした短編集。ホテル・ラフレシアがイイ。この話を見るとミステリーナイトに行きたくなってしまう。
    ダイ@2019.11.2~一時休止
    2013年10月17日
    133人がナイス!しています
  • 「201号室の災厄」ドラマの一作目に出てきた話はどこから持ってきたものなのだろうかと思ってたら、この話だったんですね!!原作はドラマと結末が違った。でも、面白かった♪ 「201号室の災厄」ドラマの一作目に出てきた話はどこから持ってきたものなのだろうかと思ってたら、この話だったんですね!!原作はドラマと結末が違った。でも、面白かった♪
    2016年03月04日
    117人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品