試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年11月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041115213

こうして誰もいなくなった

  • 著者 有栖川 有栖
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年11月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041115213

ジャンルを超えた驚きがここにある!ファン必読の短編集。

仮想通貨で成功した若き大富豪に招待された10名の男女が、"海賊島"で巻き込まれる不気味な連続殺人事件――クリスティの名作を大胆に再解釈した表題作をはじめ、書店店長の名推理が痛快な「本と謎の日々」、肥大化した男の欲望と巨大生物の暴挙に恐怖する「怪獣の夢」、遊び心に満ちたタイポグラフィが楽しい「線路の国のアリス」など多彩な14篇を収録。ジャンルを超越した物語世界の魅力を堪能できる、唯一無二の作品集!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「こうして誰もいなくなった」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • いわゆる中短編集。あるいは有栖川有栖の見本市。遊び心満載。ファンタジーに、ホラーに、ミステリーとなんでもありの1冊が誕生してしまった。あー、面白かった!面白いんだよな、有栖川有栖。なんでこんなに面白い いわゆる中短編集。あるいは有栖川有栖の見本市。遊び心満載。ファンタジーに、ホラーに、ミステリーとなんでもありの1冊が誕生してしまった。あー、面白かった!面白いんだよな、有栖川有栖。なんでこんなに面白いんだろう?本書はまるで遊園地。活字を通して遊ぶアトラクション。江戸川乱歩をトリビュートしたかと思ったら、アガサ・クリスティを再解釈して、ルイス・キャロルで煙に巻く。ちなみに怪獣も出てくる。遊び尽くせ。遊び尽くせ。楽しすぎて、耳飾りとか付けてはしゃぎたくなった(ちょこりり、はしゃぐ)あー、面白かった!!! …続きを読む
    ちょこりり
    2022年04月09日
    68人がナイス!しています
  • http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2022/02/post-12e589.html 有栖川小説の見本市とのことです http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2022/02/post-12e589.html 有栖川小説の見本市とのことです
    2022年02月26日
    66人がナイス!しています
  • バラエティに富んだ有栖川有栖の短編+中編。 短編は短いので2P程しかないのから、じっくりと深い物語まであり、通勤時間に読むのに最適な一冊でした。 短編で一番好きなのは、やはり書店を舞台とした「本と謎の バラエティに富んだ有栖川有栖の短編+中編。 短編は短いので2P程しかないのから、じっくりと深い物語まであり、通勤時間に読むのに最適な一冊でした。 短編で一番好きなのは、やはり書店を舞台とした「本と謎の日々」。書店での日常の謎は興味深くありました。 そして中編で表題作である「こうして誰もいなくなった」は言わずと知れたアガサ・クリスティのオマージュ作品。こちらも「そして誰もいなくなった」を思い出しながら、楽しく読めました。もう一度クリスティを再読したくなった一冊。 …続きを読む
    ミンティア
    2022年03月12日
    53人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品