濱地健三郎の幽たる事件簿

濱地健三郎の幽たる事件簿

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041123379
label

濱地健三郎の幽たる事件簿

  • 著者 有栖川 有栖
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041123379

江神二郎、火村英生に続く、異才の名探偵の事件簿、待望の第2弾!

年齢不詳の探偵・濱地健三郎には、鋭い推理力だけでなく、幽霊を視る能力がある。新宿にある彼の事務所には、奇妙な現象に悩む依頼人のみならず、警視庁捜査一課の強面刑事も秘かに足を運ぶほどだ。助手の志摩ユリエは、得技を活かして、探偵が視たモノの特徴を絵に描きとめていく―。郊外で猫と2人暮らしをしていた姉の失踪の謎と、弟が見た奇妙な光景が意外な形でつながる(「姉は何処」)。資産家が溺死した事件の犯人は、若き妻か、懐具合が悪い弟か?人間の哀しい性が炙り出される(「浴槽の花婿」)など、驚きと謀みに満ちた7篇を収録。ミステリの名手が、満を持して生み出した名探偵。待望のシリーズ、第2弾! 年齢不詳の探偵・濱地健三郎には、鋭い推理力だけでなく、幽霊を視る能力がある。新宿にある彼の事務所には、奇妙な現象に悩む依頼人のみならず、警視庁捜査一課の強面刑事も秘かに足を運ぶほどだ。助手の志摩ユリエは、得技を活かして、探偵が視たモノの特徴を絵に描きとめていく―。郊外で猫と2人暮らしをしていた姉の失踪の謎と、弟が見た奇妙な光景が意外な形でつながる(「姉は何処」)。資産家が溺死した事件の犯人は、若き妻か、懐具合が悪い弟か?人間の哀しい性が炙り出される(「浴槽の花婿」)など、驚きと謀みに満ちた7篇を収録。ミステリの名手が、満を持して生み出した名探偵。待望のシリーズ、第2弾!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

ホームに佇む
姉は何処
饒舌な依頼人
浴槽の花婿
お家がだんだん遠くなる
ミステリー研究会の幽霊
それは叫ぶ
あとがき
文庫版あとがき

同じシリーズの作品

「濱地健三郎の幽たる事件簿」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ2作目。前作より面白く感じるのは、やはりこの設定に慣れてきたからか?それとも書く側が慣れてきたのか?怖すぎということもないのが、私にはちょうどいいのかも?面白かったのは、「饒舌な依頼人」「ミス シリーズ2作目。前作より面白く感じるのは、やはりこの設定に慣れてきたからか?それとも書く側が慣れてきたのか?怖すぎということもないのが、私にはちょうどいいのかも?面白かったのは、「饒舌な依頼人」「ミステリー研究会の幽霊」。そんなこともあるのね。 …続きを読む
    くりきんとん99
    2023年02月07日
    51人がナイス!しています
  • シリーズ2作目ということを知らずに読んだけれど、1作目を未読でも問題はなかった。有栖川有栖というと本格ミステリのイメージが強いけれど、こうした怪談も面白い。そして、怪談と論理的思考の組み合わせや、濱地 シリーズ2作目ということを知らずに読んだけれど、1作目を未読でも問題はなかった。有栖川有栖というと本格ミステリのイメージが強いけれど、こうした怪談も面白い。そして、怪談と論理的思考の組み合わせや、濱地が怪奇現象的事件を、助手のユリエと共に解決してゆく様が頼もしい。いずれ1作目も読んでみたい。 …続きを読む
    とろこ
    2023年02月16日
    47人がナイス!しています
  • シリーズ2作目。相変わらず濱地健三郎があっさり事件解決してしまうものの、そこまでの過程が面白い。意外な解決となる「姉は何処」、得体の知れない怖さを感じる「それは叫ぶ」、幽体離脱がエスカレートしていく「 シリーズ2作目。相変わらず濱地健三郎があっさり事件解決してしまうものの、そこまでの過程が面白い。意外な解決となる「姉は何処」、得体の知れない怖さを感じる「それは叫ぶ」、幽体離脱がエスカレートしていく「お家がだんだん遠くなる」など。どの話にも惹きこまれた。 …続きを読む
    maxseki
    2024年01月07日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品