試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041049600

怪しい店

  • 著者 有栖川 有栖
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041049600

大人気!火村英生シリーズ、切れ味鋭い作品集が待望の文庫化!

推理作家・有栖川有栖は、盟友の犯罪学者・火村英生を、敬意を持ってこう呼ぶ。
「臨床犯罪学者」と。

骨董品店〈骨董 あわしま〉で、店主の左衛門が殺された。
生前の左衛門を惑わせた「変な物」とは……。(「古物の魔」)ほか、
美しい海を臨む理髪店で火村が見かけた、
列車に向かいハンカチを振る美女など、
美しくも恐ろしい「お店」を巡る謎を、
火村と有栖の名コンビが解き明かす。

火村英生シリーズ、珠玉の作品集が登場。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「怪しい店」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 有栖川さん、初読です。シリーズ作品ですが違和感なく読みます。店をテーマにした短編の数々。日常的なミステリーだったり、犯人視点の作品だったりバラエティに富んでいました。続けて読みたいと思います。【カドフ 有栖川さん、初読です。シリーズ作品ですが違和感なく読みます。店をテーマにした短編の数々。日常的なミステリーだったり、犯人視点の作品だったりバラエティに富んでいました。続けて読みたいと思います。【カドフェス 2019】 …続きを読む
    ゴンゾウ
    2019年10月11日
    120人がナイス!しています
  • 作家アリスシリーズの短編集。相変わらず安定して面白い。火村によってはぎ取られていく犯罪者と犯罪被害者の素顔に、凄みを感じた。 作家アリスシリーズの短編集。相変わらず安定して面白い。火村によってはぎ取られていく犯罪者と犯罪被害者の素顔に、凄みを感じた。
    佐島楓@執筆中
    2017年01月28日
    79人がナイス!しています
  • 店を舞台にしたミステリ集。登場する店も古物商から古本屋、理髪店に怪しげな店と幅広く、作品の形態もオーソドックスなミステリからアームチュアディクティブ、倒叙とこれまた同じく幅広い。一読して気に入ったのは 店を舞台にしたミステリ集。登場する店も古物商から古本屋、理髪店に怪しげな店と幅広く、作品の形態もオーソドックスなミステリからアームチュアディクティブ、倒叙とこれまた同じく幅広い。一読して気に入ったのは「潮騒理髪店」。女性の奇妙な行動から詩情に満ちた理髪店まで、ほんの些細な事を手掛かりにする安楽椅子探偵モノを堪能できた。他にもアリバイ崩しの変形「古物の魔」女性の始めた奇妙な商売を巡る「怪しい店」等、商売に直結したものに面白さがあるな。鬼面人を驚かすわけではないが、地に足の着いたミステリを味わえる一冊でした。 …続きを読む
    HANA
    2016年12月25日
    74人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品