試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1993年12月07日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
448
ISBN:
9784041913017

ダリの繭

  • 著者 有栖川 有栖
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1993年12月07日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
448
ISBN:
9784041913017

サルバドール・ダリの心酔者の宝石チェーン社長が殺された。現代の繭とも言うべきフロートカプセルに隠された難解なダイイング・メッセージに挑むは推理作家・有栖川有栖と臨床犯罪学者・火村英生!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ダリの繭」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 有栖川有栖さんの作品は初めて読みましたが、実に面白かったです。ダリを模している社長が殺されて、その死体からダリ髭が剃りおとされているなんて・・・どこからそんな発想が生まれるのだろうか。そして、死者は繭 有栖川有栖さんの作品は初めて読みましたが、実に面白かったです。ダリを模している社長が殺されて、その死体からダリ髭が剃りおとされているなんて・・・どこからそんな発想が生まれるのだろうか。そして、死者は繭の中で発見され、この事件を解決していくのが作者本人と友人なんて・・・面白すぎる。ただ、なんとなくアリバイ崩しや凶器のトリックあたりはもう一捻り合った方が良かったように思えてしまった。違う作品も読んでみるしかないですね。それにしても、繭の中に入ってみたいものです。 …続きを読む
    ちょこまーぶる
    2013年03月25日
    166人がナイス!しています
  • 作家アリスその2。ダリの部分は必要かとも思うが面白かった。シュルレアリスムの午後部分はビーンズ文庫で立ち読みした。 作家アリスその2。ダリの部分は必要かとも思うが面白かった。シュルレアリスムの午後部分はビーンズ文庫で立ち読みした。
    ダイ@2019.11.2~一時休止
    2013年10月13日
    144人がナイス!しています
  • 確か既に『双頭の悪魔』が出てた後だったので「これが有栖川有栖シリーズかぁ!」と期待して手に取った(かなり後で別のシリーズと知る・・・)。オイラの持っているのはこんなキモイ表紙ではないのだが。そんな期待 確か既に『双頭の悪魔』が出てた後だったので「これが有栖川有栖シリーズかぁ!」と期待して手に取った(かなり後で別のシリーズと知る・・・)。オイラの持っているのはこんなキモイ表紙ではないのだが。そんな期待もあったせいか、なんかフツーのミステリだなぁと思ってしまった。フロートカプセルは当時大学生でレポートに苦しんでいた頃、マジで欲しいと思った。 …続きを読む
    Tetchy
    2009年09月30日
    140人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品