角川文庫

眩談

いつか見た光景に滲む、不気味な違和感。記憶が過去が常識が、崩れてゆく。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
290
ISBN:
9784041035528
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

眩談

いつか見た光景に滲む、不気味な違和感。記憶が過去が常識が、崩れてゆく。

  • 著者 京極 夏彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
290
ISBN:
9784041035528

いつか見た光景に滲む、不気味な違和感。記憶が過去が常識が、崩れてゆく。

僕が住む平屋は少し臭い。とくに薄暗い廊下の真ん中にある便所は臭く、そして怖い。ある日の夕暮れに、暗くて臭い便所へ向かうと……(「便所の神様」)。無職になった私は秩父にある実家に戻った。ただし私は家が好きになれない。得体の知れないシリミズさんが祀られている上に、中庭には変なモノが出る(「シリミズさん」)。暗闇が匂いたち、視界が歪み、記憶が混濁し、やがて眩暈をよぶ。京極小説の本領を味わえる8つの物語。解説は諸星大二郎。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

著者紹介

京極 夏彦(きょうごく・なつひこ)

1963年、北海道生まれ。小説家、意匠家、全日本妖怪推進委員会肝煎。94年、『姑獲鳥の夏』でデビュー。96年『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、97年『嗤う伊右衛門』で泉鏡花文学賞、2003年『覘き小平次』で山本周五郎賞、04年『後巷説百物語』で直木賞、11年『西巷説百物語』で柴田錬三郎賞を受賞。著書多数。

最近チェックした商品