角川文庫

眩談

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
290
ISBN:
9784041035528
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

眩談

  • 著者 京極 夏彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
290
ISBN:
9784041035528

いつか見た光景に滲む、不気味な違和感。記憶が過去が常識が、崩れてゆく。

僕が住む平屋は少し臭い。とくに薄暗い廊下の真ん中にある便所は臭く、そして怖い。ある日の夕暮れに、暗くて臭い便所へ向かうと……(「便所の神様」)。無職になった私は秩父にある実家に戻った。ただし私は家が好きになれない。得体の知れないシリミズさんが祀られている上に、中庭には変なモノが出る(「シリミズさん」)。暗闇が匂いたち、視界が歪み、記憶が混濁し、やがて眩暈をよぶ。京極小説の本領を味わえる8つの物語。解説は諸星大二郎。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「眩談」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 文庫で再読です。眩暈を呼び起こすような不気味な日常の物語が8編収められています。匂うのは暗闇の世界、読んでいると歪んでいくような感覚に鳥肌が立ちました。それは物語の中で混濁する記憶の世界があるからでし 文庫で再読です。眩暈を呼び起こすような不気味な日常の物語が8編収められています。匂うのは暗闇の世界、読んでいると歪んでいくような感覚に鳥肌が立ちました。それは物語の中で混濁する記憶の世界があるからでしょう。どこかで見たような光景が不気味な違和感として蘇る物語と言って良いと思います。 …続きを読む
    優希
    2018年08月23日
    73人がナイス!しています
  • 京極ワールドにどっぷり浸かれました。本当にこの読んでる間、体にまとわりつくネットリ感がクセになります!『けしに坂』が怖かった((((;゜Д゜))) 京極ワールドにどっぷり浸かれました。本当にこの読んでる間、体にまとわりつくネットリ感がクセになります!『けしに坂』が怖かった((((;゜Д゜)))
    ★YUKA★
    2015年12月31日
    50人がナイス!しています
  • 暗くねっとりとした恐怖。怪異といえばそうなのだけど、主人公たちがわりと認めないので\分からない、何かモヤモヤした存在\として書かれているのが特徴か。だからこそ不安感を煽られ、夢なのか現実なのか、こちら 暗くねっとりとした恐怖。怪異といえばそうなのだけど、主人公たちがわりと認めないので\分からない、何かモヤモヤした存在\として書かれているのが特徴か。だからこそ不安感を煽られ、夢なのか現実なのか、こちらも分からないまま引き込まれる。個人的には「もくちゃん」「杜鵑乃湯」が怖かった。「もくちゃん」のような人って地域に必ずいると思う…そんな\困った人\に対する戸惑いや憤りがとてもリアル。でもその無意識な差別意識をラストに突き付けられた感じです。あと内容とは関係ないですが、本を開いてすぐの女の子の絵にぎょっとした。 …続きを読む
    みくろ
    2015年12月17日
    47人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

京極 夏彦(きょうごく・なつひこ)

1963年、北海道生まれ。小説家、意匠家、全日本妖怪推進委員会肝煎。94年、『姑獲鳥の夏』でデビュー。96年『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、97年『嗤う伊右衛門』で泉鏡花文学賞、2003年『覘き小平次』で山本周五郎賞、04年『後巷説百物語』で直木賞、11年『西巷説百物語』で柴田錬三郎賞を受賞。著書多数。

最近チェックした商品