試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年10月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041115411

虚談

  • 著者 京極 夏彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年10月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041115411

この現実は、すべて虚構だ。価値観を揺るがす連作奇譚集!

元デザイナーで小説家の「僕」は、知人友人からよく相談を受ける。
「ナッちゃんはそういうの駄目な口やろ」と笑いながら、デザイン学校時代の齢上の同輩、御木さんは奇妙な話を始めた。
13歳のとき山崩れで死んだ妹が、齢老い、中学の制服を着て、仕事先と自宅に現れたというのだ。
だが彼の話は、僕の記憶と食い違っていた……(「クラス」)。
家に潜む【誰か】。祀られたキンゴロー様。夢の中の殺人――。
この現実と価値観を揺るがす連作集。
<解説 和嶋慎治(人間椅子)>

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

レシピ
ちくら
ベンチ
クラス
キイロ
シノビ
ムエン
ハウス
リアル
コード bonustrack
解説 和嶋慎治(人間椅子) 

メディアミックス情報

NEWS

「虚談」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 久しぶりの京極先生。嘘を練り込んだ短編集。著者独特のクドイ言い回しが雰囲気を盛り上げていて、虚実混交で何が真実か分からなくなり、そして結末でも真相は明らかにされない章が多く、靄に包まれたまま。まあ現実 久しぶりの京極先生。嘘を練り込んだ短編集。著者独特のクドイ言い回しが雰囲気を盛り上げていて、虚実混交で何が真実か分からなくなり、そして結末でも真相は明らかにされない章が多く、靄に包まれたまま。まあ現実世界でも「あれは何だったのだろう?」という出来事の方が多いハズ。新興宗教にハマった叔父さんを描く「ベンチ」が印象深いかな。やっぱり正義のもとに狂気に走った人間が一番怖いなと思う。あとはホラーでもないけど都市伝説(モドキ)が出来上がるまでの過程を描く「キイロ」が楽しい。とっても満足、他の未読も読まねば。 …続きを読む
    ponpon
    2021年10月22日
    63人がナイス!しています
  • 人の話はそのまま信じてはいけないという教訓か。いたずらっ子のような語り口はいかにも京極さんらしい。怪談じゃなくて虚談なので怖くないし、そのつもりで読めばモヤモヤ感もない。 人の話はそのまま信じてはいけないという教訓か。いたずらっ子のような語り口はいかにも京極さんらしい。怪談じゃなくて虚談なので怖くないし、そのつもりで読めばモヤモヤ感もない。
    紡ぎ猫
    2022年01月21日
    12人がナイス!しています
  • 嘘かもしれない。嘘に違いない。嘘であって欲しい。そんな「嘘」をテーマに据えた全十篇であり、どの話も「」談シリーズらしい縁起の悪さが遺憾なく発揮されています。死んだ妹がやって来る。屋根裏に忍者が潜んでい 嘘かもしれない。嘘に違いない。嘘であって欲しい。そんな「嘘」をテーマに据えた全十篇であり、どの話も「」談シリーズらしい縁起の悪さが遺憾なく発揮されています。死んだ妹がやって来る。屋根裏に忍者が潜んでいる。夢の中で人を殺す。虚と実が綯い交ぜになり、どこまでが嘘かどこからが現実か、足元の覚束なさに苛まれます。そして文庫化にあたって、最後に一篇「コード」が追加収録されています。割と淡々と読んでいたのですが、後からよくよく考えてみると怖くて不気味。エピローグにして、京極小説のフィネスが堪能できる一篇だと思います。 …続きを読む
    APIRU
    2021年11月27日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品