試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

カドフェス2021
カドフェス2021
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年07月02日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
600
ISBN:
9784041109953

遠巷説百物語

  • 著者 京極 夏彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年07月02日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
600
ISBN:
9784041109953

11年を経て〈巷説百物語〉再始動。江戸末期の遠野で、化け物退治が開幕!

「遠野は化け物が集まんだ。咄だって、なんぼでも来る」

盛岡藩筆頭家老にして遠野南部家当主の密命を受けた宇夫方祥五郎は、巷に流れる噂話を調べていた。
郷が活気づく一方で、市場に流れる銭が不足し困窮する藩の財政に、祥五郎は言い知れぬ不安を感じる。
ある日、世事に通じる乙蔵から奇異な話を聞かされた。
菓子司山田屋から出て行った座敷童衆、夕暮れ時に現れる目鼻のない花嫁姿の女、そして他所から流れて迷家に棲みついた仲蔵という男。
祥五郎のもとに舞い込む街談巷説、その真偽は――。

ハナシは、やがて物語になる。どんどはれ。
〈巷説百物語〉シリーズの集大成!

もくじ

歯黒べったり
礒撫
波山
鬼熊
恙虫
出世螺

京極夏彦 限定オリジナルグッズの特設サイトはこちら↓


  • カドフェス2021
    カドフェス2021

メディアミックス情報

NEWS

「遠巷説百物語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 京極 夏彦は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。読み続けている〈巷説百物語〉シリーズ11年ぶりの新作、【百物語×遠野物語】弁当箱本復活と相成りました。オススメは、『歯黒べったり』&『出世螺』です 京極 夏彦は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。読み続けている〈巷説百物語〉シリーズ11年ぶりの新作、【百物語×遠野物語】弁当箱本復活と相成りました。オススメは、『歯黒べったり』&『出世螺』です。 https://www.kadokawa.co.jp/product/322009000361/ …続きを読む
    starbro
    2021年07月22日
    155人がナイス!しています
  • キンドル。盛岡藩の宇夫方祥五郎は、遠野の巷間に流れる噂や譚を蒐集し報告するのを密かな任務としている。ある時彼は、山道に現れるお歯黒の女の怪を耳にする。「お歯黒べったり」/待望の新刊が、舞台を妖怪の本場 キンドル。盛岡藩の宇夫方祥五郎は、遠野の巷間に流れる噂や譚を蒐集し報告するのを密かな任務としている。ある時彼は、山道に現れるお歯黒の女の怪を耳にする。「お歯黒べったり」/待望の新刊が、舞台を妖怪の本場、遠野に替えて登場。仕掛けの主役は長耳の仲蔵だが、終章にはあの鴉も(期待通り)登場し、天狗の十八番も(予想通り)大爆発。水戸黄門的安心感をもって読めるが、今作はやるせない事件が多かった印象。それも正義感の強い祥五郎で中和できているし(百介だとこうはいかない)、祥五郎、志津、乙蔵みなハッピーエンドで良かった。 …続きを読む
    イトノコ
    2021年07月10日
    24人がナイス!しています
  • 11年ぶりのシリーズ新作。続巷説百物語から後巷説百物語の間を埋める物語。遠野地方を舞台に、放っておけばいつまでも凝ってしまう恐ろしく哀しい人の業を、化け物の仕業に仕立て祓い落とし退治する懐かしい登場人 11年ぶりのシリーズ新作。続巷説百物語から後巷説百物語の間を埋める物語。遠野地方を舞台に、放っておけばいつまでも凝ってしまう恐ろしく哀しい人の業を、化け物の仕業に仕立て祓い落とし退治する懐かしい登場人物たちの姿を目にするだけでテンションが上がる。又市が手を出し治平が死んだ千代田のお城の鼠退治の相手も名前が判り、現在連載中の最終章である了巷説百物語への期待もますます高まります。この安心して読める良い意味でのマンネリ感が本当に大好きなので、次でシリーズ最期なのは寂しいけれど、楽しみに待ちます。 …続きを読む
    テツ
    2021年07月04日
    20人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品