角川文庫

旧談

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
338
ISBN:
9784041035511
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

旧談

  • 著者 京極 夏彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
338
ISBN:
9784041035511

江戸の随筆集『耳袋』から選り抜いた怪談・奇談を、京極夏彦がリメイク!

雨が降りしきる夜道でうずくまる女に遭遇した、実直な武士のUさん。20年便所から出てこなかった商家のIさん。酒好きのMさんと一人娘を心配して狐に相談した女房の幽霊。猫になったYさんの母親。さらには、「稲生物怪禄」や、「播州皿屋敷」にまつわる裏話など、江戸時代の旗本・根岸鎮衛が聞き集めた随筆集『耳袋』から怪しい話や奇妙な話を選び、京極夏彦が現代の怪談実話スタイルに書き改める。新しく書かれた“旧い”怪談集。
『旧怪談 耳袋より』を改題して文庫化。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「旧談」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 京極夏彦は新作中心に読んでいる作家です。本作の単行本は未読でしたが、図書館の新刊コーナーで見つけたので読みました。魑魅魍魎の跋扈する江戸時代の怪異随筆集「耳嚢」を京極夏彦が現代風にアレンジして蘇らせま 京極夏彦は新作中心に読んでいる作家です。本作の単行本は未読でしたが、図書館の新刊コーナーで見つけたので読みました。魑魅魍魎の跋扈する江戸時代の怪異随筆集「耳嚢」を京極夏彦が現代風にアレンジして蘇らせました。そんなに怖くはなく、少しゾクっとする感じです。表紙のとおり猫も複数登場します。化け猫という概念は何時頃確立されたのでしょうか?巻末の著者と宮部みゆきの対談もGOODです!両者によると「日本は怪談の国」のようです。22世紀になっても地鎮祭は亡くならないんでしょうネ(笑) …続きを読む
    starbro
    2016年03月05日
    103人がナイス!しています
  • 江戸時代の怪談『耳嚢』から物語を選び、現代風にアレンジしているのですね。現代の怪談として十分通じる要素があると思います。読んでいて鳥肌が立ちそうになりました。ただ、昔風の言葉遣いとアルファベットの名前 江戸時代の怪談『耳嚢』から物語を選び、現代風にアレンジしているのですね。現代の怪談として十分通じる要素があると思います。読んでいて鳥肌が立ちそうになりました。ただ、昔風の言葉遣いとアルファベットの名前という取り合わせには違和感を覚えます。元となった『耳嚢』を一緒に織り交ぜているのはいいですね。どんな物語だったかを知ることができます。 …続きを読む
    優希
    2018年09月21日
    76人がナイス!しています
  • 民俗学的見地から面白く読んだ。狐や猫に憑かれる話や、祟り系の話が多く、そのあたりが怪談のような怖さを感じさせない理由かもしれない。昔はおおらかだったのだな、と思う。 民俗学的見地から面白く読んだ。狐や猫に憑かれる話や、祟り系の話が多く、そのあたりが怪談のような怖さを感じさせない理由かもしれない。昔はおおらかだったのだな、と思う。
    佐島楓@勉強中
    2016年04月18日
    56人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

京極 夏彦(きょうごく・なつひこ)

1963年、北海道生まれ。小説家、意匠家、全日本妖怪推進委員会肝煎。94年、『姑獲鳥の夏』でデビュー。96年『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、97年『嗤う伊右衛門』で泉鏡花文学賞、2003年『覘き小平次』で山本周五郎賞、04年『後巷説百物語』で直木賞、11年『西巷説百物語』で柴田錬三郎賞を受賞。著書多数。

最近チェックした商品