罪の余白

第3回 野性時代フロンティア文学賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041023877

第3回 野性時代フロンティア文学賞

罪の余白

  • 著者 芦沢 央
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041023877

学校で転落死した娘を、知ろうとする父が行き着いた驚愕の真実とは--

高校のベランダから転落した加奈の死を、父親の安藤は受け止められずにいた。娘はなぜ死んだのか。自分を責める日々を送る安藤の前に現れた、加奈のクラスメートの協力で、娘の悩みを知った安藤は。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「罪の余白」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 妻と娘を理不尽な死により見送った夫であり父、この展開は他作品でも経験。この辛さ何とも言いようがなく、それだけでへこみます。とはいえ、4人の視点で展開される過程に、それぞれの特性が。人間なんて多少の相違 妻と娘を理不尽な死により見送った夫であり父、この展開は他作品でも経験。この辛さ何とも言いようがなく、それだけでへこみます。とはいえ、4人の視点で展開される過程に、それぞれの特性が。人間なんて多少の相違はあるけど皆こんなもの、とまでは言い切れず。女子高生の日常ってこんな感じ?咲と早苗の性格、特性は現実的なもの?ちょっと異常じみて、安藤と真帆が一般的、そんな想い。各人それぞれの焦りの心情の過程、特に早苗の揺れ動きが特筆、互いに気遣う父と娘の心情の相違、あまりに詰め込み過ぎの感。それでも引き込まれて読了です。 …続きを読む
    Yunemo
    2015年10月11日
    337人がナイス!しています
  • 簡明で修飾のない真直な文体。それ故に直截に訴えかける。尚且つ登場人物を4人に絞り、それぞれの視点で心象が描かれており煩雑さがなく明瞭。白眉はスクールカースト形成描写。そのトップに君臨する少女の年齢相応 簡明で修飾のない真直な文体。それ故に直截に訴えかける。尚且つ登場人物を4人に絞り、それぞれの視点で心象が描かれており煩雑さがなく明瞭。白眉はスクールカースト形成描写。そのトップに君臨する少女の年齢相応の自己破綻が巧く表現されており、強迫観念に苛まれヒエラルキーにしがみ付く少女の媚びにもリアリティを感じる。他方、言葉の微妙なニュアンスを汲めず、真意を捉えようと懸命にもがくも、周囲にはその行動が理解されずに傷つく、ひたむきで献身的な女性が際立って印象的。彼女の言動・思考の推移が新鮮且つ痛切。#ニコカド2020 …続きを読む
    みも
    2020年12月07日
    262人がナイス!しています
  • 事故か、自殺か、高校のベランダから転落した加奈の死。加奈の父親、クラスメイトの少女たち、そして父親の同僚女性。加奈というひとりの少女の命について、それぞれの視点で語られてゆく。加奈の死の背景にあったも 事故か、自殺か、高校のベランダから転落した加奈の死。加奈の父親、クラスメイトの少女たち、そして父親の同僚女性。加奈というひとりの少女の命について、それぞれの視点で語られてゆく。加奈の死の背景にあったもの、それは狡猾で巧妙なイジメ。子を奪われた慟哭と怒り、自分を正当化したいだけの少女たちの身勝手さ。その中で、発達障害であろう父親の同僚女性の存在が、この物語の救いになっていたと私は感じた。言葉の通りに受け取り行動する。そんな彼女が、父親を絶望から救い上げた。それぞれの立場から語られる心情描写に、引き込まれた。 …続きを読む
    風眠
    2019年04月12日
    246人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

今まさに話題となっているイジメの問題を通して現代の闇が描かれている。加害者と被害者、そしてその家族の視点で物語が進み読み始めたら止まらなくなった。人間関係が不安な様子、悪意をもって人を貶めようとする様子がとても現実的で、自分のすぐ近くでもこんなことが起きているのではと思わされた。(TELさん)

女子高生のヒエラルキーがリアルに書かれていて怖い。最近も「大津いじめ事件」が大きく報道されたこともあり、あり得るなというか、あるあると思ってしまう現実感が怖いのである。題材的に、悲しく辛い内容なのだが、最後に一筋の光が見え、少しは救われた気がした。(石油王さん)

まずタイトルが絶妙。罪を証明できるか、罪の手前なのか、いろんな取りかたができますね。咲の自己中心的な全能感に満ち溢れた、傲慢なキャラクターモデリングが非常にリアルで、好感と嫌悪感を同時に感じられ、不気味な印象を受けます。いたいた、こういう奴って、学生時代を思いだしました。(ユウさん)

この著者の商品

最近チェックした商品