罪の余白

第3回 野性時代フロンティア文学賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041023877

第3回 野性時代フロンティア文学賞

罪の余白

  • 著者 芦沢 央
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041023877

学校で転落死した娘を、知ろうとする父が行き着いた驚愕の真実とは--

高校のベランダから転落した加奈の死を、父親の安藤は受け止められずにいた。娘はなぜ死んだのか。自分を責める日々を送る安藤の前に現れた、加奈のクラスメートの協力で、娘の悩みを知った安藤は。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「罪の余白」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 妻と娘を理不尽な死により見送った夫であり父、この展開は他作品でも経験。この辛さ何とも言いようがなく、それだけでへこみます。とはいえ、4人の視点で展開される過程に、それぞれの特性が。人間なんて多少の相違 妻と娘を理不尽な死により見送った夫であり父、この展開は他作品でも経験。この辛さ何とも言いようがなく、それだけでへこみます。とはいえ、4人の視点で展開される過程に、それぞれの特性が。人間なんて多少の相違はあるけど皆こんなもの、とまでは言い切れず。女子高生の日常ってこんな感じ?咲と早苗の性格、特性は現実的なもの?ちょっと異常じみて、安藤と真帆が一般的、そんな想い。各人それぞれの焦りの心情の過程、特に早苗の揺れ動きが特筆、互いに気遣う父と娘の心情の相違、あまりに詰め込み過ぎの感。それでも引き込まれて読了です。 …続きを読む
    Yunemo
    2015年10月11日
    240人がナイス!しています
  • 芦沢さん3冊目にしてデビュー作を選んだが驚いた…と言うのは、いじめの話は苦手なので避けていたが、書き手の感性によって、こんなに読み易いとは思わなかったから。転落死した高校生・加奈の父・聡、加奈の友人・ 芦沢さん3冊目にしてデビュー作を選んだが驚いた…と言うのは、いじめの話は苦手なので避けていたが、書き手の感性によって、こんなに読み易いとは思わなかったから。転落死した高校生・加奈の父・聡、加奈の友人・咲と真帆、聡の同僚・早苗という4人の視点で描かれている物語は不穏な雰囲気と切ない想いが入り乱れて、ミステリタッチにテンポ好く進むので全く飽きない。人の気持ちが判らず孤独に生きてきた早苗という存在を置くことで、気持ちばかり考えている他の3人との対比がついて、逆説的に「心」を表現している。今後も期待したい作家だ♪ …続きを読む
    しんたろー
    2018年07月30日
    229人がナイス!しています
  • 妻を亡くし、娘の加奈と二人暮らしをしていた安藤に更なる悲劇が…事故なのか?自殺なのか?そんな中、PCから遺書ともとれる日記が…そこには、友人のはずの咲と真帆の名が。生きる望みを失いかけていた安藤だった 妻を亡くし、娘の加奈と二人暮らしをしていた安藤に更なる悲劇が…事故なのか?自殺なのか?そんな中、PCから遺書ともとれる日記が…そこには、友人のはずの咲と真帆の名が。生きる望みを失いかけていた安藤だったが、加奈の無念を晴らす為に計画を練る。一見、人当たりの良い才色兼備の咲の心の闇、悪意にゾッとする。救いは安藤の同僚の早苗の存在が大きい。人一倍、優しい加奈を失った父親の絶望さに胸に痛い。 …続きを読む
    のり
    2018年01月12日
    194人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

今まさに話題となっているイジメの問題を通して現代の闇が描かれている。加害者と被害者、そしてその家族の視点で物語が進み読み始めたら止まらなくなった。人間関係が不安な様子、悪意をもって人を貶めようとする様子がとても現実的で、自分のすぐ近くでもこんなことが起きているのではと思わされた。(TELさん)

女子高生のヒエラルキーがリアルに書かれていて怖い。最近も「大津いじめ事件」が大きく報道されたこともあり、あり得るなというか、あるあると思ってしまう現実感が怖いのである。題材的に、悲しく辛い内容なのだが、最後に一筋の光が見え、少しは救われた気がした。(石油王さん)

まずタイトルが絶妙。罪を証明できるか、罪の手前なのか、いろんな取りかたができますね。咲の自己中心的な全能感に満ち溢れた、傲慢なキャラクターモデリングが非常にリアルで、好感と嫌悪感を同時に感じられ、不気味な印象を受けます。いたいた、こういう奴って、学生時代を思いだしました。(ユウさん)

この著者の商品

最近チェックした商品