試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年09月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041084298

バック・ステージ

  • 著者 芦沢 央
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年09月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041084298

「まさか、こうきたか」幕が上がったら一気読み!注目作家の痛快ミステリ!

新入社員の松尾は忘れ物で戻った夜の会社で、先輩社員の康子がパワハラ上司の不正証拠を探す場面に遭遇。そのまま巻き込まれる形で、片棒を担がされることになる。翌日、中野の劇場では松尾たちの会社がプロモーションする人気演出家の舞台が始まろうとしていた。その周辺では息子の嘘に悩むシングルマザーやチケットを手に劇場で同級生を待つ青年、開幕直前に届いた脅迫状など、それぞれ全く無関係の事件が同時多発的に起きていたが、松尾と康子の行動によってそれらは少しずつ繋がっていく、そして……。バラバラのピースが予測不能のラストを象る。いま、最も注目される作家芦沢央の驚愕・痛快ミステリ!

もくじ

序幕
第一幕 息子の親友
第二幕 始まるまで、あと五分
幕間
第三幕 舞台裏の覚悟
第四幕 千賀稚子にはかなわない
終幕
カーテン・コール
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「バック・ステージ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 脚本・演出が島田ソウの舞台の公演には、舞台裏、会場の外には、誰もが気づかない事件が多発してたわ。他人には些細なことかもしれないけど、当人達には大事件だね。嶋田は曲者だわと思うし、澤口を成敗してスッキリ 脚本・演出が島田ソウの舞台の公演には、舞台裏、会場の外には、誰もが気づかない事件が多発してたわ。他人には些細なことかもしれないけど、当人達には大事件だね。嶋田は曲者だわと思うし、澤口を成敗してスッキリしたのもいいし、玉ノ井さんもやる時はやるよですごいと思ったけど、奥ちゃんと伊藤、松尾と康子さん、すごく良かった。恋の始まりは微笑ましくなった。話に無理があるとは思いながらも、こんなとこに伏線をはってたかと感心したり、楽しく読めました。【サイン本】 …続きを読む
    しんごろ
    2021年05月06日
    191人がナイス!しています
  • 仕事は出来るが、部下へのパワハラが目に余る上司に不正の疑いが… 先輩の「康子」と新人の「松尾」は証拠集めに乗り出す。変装や誰にでもうちとける話術がスゴイ康子。その過程で開演間近の舞台の周辺でも様々な出 仕事は出来るが、部下へのパワハラが目に余る上司に不正の疑いが… 先輩の「康子」と新人の「松尾」は証拠集めに乗り出す。変装や誰にでもうちとける話術がスゴイ康子。その過程で開演間近の舞台の周辺でも様々な出来事が。何気ない日常の悩みや恋愛模様まで…舞台演出家のぶっ飛びな策や、俳優陣の心の揺れも伝わってくる。あれだけ高圧的だったパワハラ上司の小心振りにもビックリ。探偵の真似事した二人のこの先も気になる。 …続きを読む
    のり
    2021年03月30日
    103人がナイス!しています
  • 作家さん買い。これは各話がリンクしているから連作集か?パワハラ上司の不正の証拠を掴む為先輩の康子と無理矢理付き合わされた後輩の松尾の場面から幕を開ける。 一番好きだったのは『第一幕 息子の親友』 母親 作家さん買い。これは各話がリンクしているから連作集か?パワハラ上司の不正の証拠を掴む為先輩の康子と無理矢理付き合わされた後輩の松尾の場面から幕を開ける。 一番好きだったのは『第一幕 息子の親友』 母親の望が先走りし過ぎるのか、それとも息子の浩輝が思い込みが激しいのか?…と穿った見方をしていたが浩輝は弟思いの優しいお兄ちゃんだったし、望もそんな息子の良い面を探す事が出来てホンワカした結末だった。 うーん、全体通していつものイヤミスでは無いので何か満足感が足りない。 お好きな方スミマセン。 …続きを読む
    hideko
    2021年03月06日
    85人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品