バック・ステージ 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年09月21日
商品形態:
電子書籍

バック・ステージ

  • 著者 芦沢 央
発売日:
2019年09月21日
商品形態:
電子書籍

「まさか、こうきたか」幕が上がったら一気読み!注目作家の痛快ミステリ!

新入社員の松尾は忘れ物で戻った夜の会社で、先輩社員の康子がパワハラ上司の不正証拠を探す場面に遭遇。そのまま巻き込まれる形で、片棒を担がされることになる。翌日、中野の劇場では松尾たちの会社がプロモーションする人気演出家の舞台が始まろうとしていた。その周辺では息子の嘘に悩むシングルマザーやチケットを手に劇場で同級生を待つ青年、開幕直前に届いた脅迫状など、それぞれ全く無関係の事件が同時多発的に起きていたが、松尾と康子の行動によってそれらは少しずつ繋がっていく、そして……。バラバラのピースが予測不能のラストを象る。いま、最も注目される作家芦沢央の驚愕・痛快ミステリ!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「バック・ステージ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • いつもの芦沢さんの作品とは少しテイストが違っていて、あまりドロドロはしていなかったが、相変わらず面白かった。各章ごとに主人公が変わり、それぞれの章で少しずつ絡んでいる。ラストはスッキリ。満足な1冊でし いつもの芦沢さんの作品とは少しテイストが違っていて、あまりドロドロはしていなかったが、相変わらず面白かった。各章ごとに主人公が変わり、それぞれの章で少しずつ絡んでいる。ラストはスッキリ。満足な1冊でした。 …続きを読む
    チアモン
    2020年12月05日
    70人がナイス!しています
  • この著者にこのタイトルにこの表紙、絶対イヤミスでしょ。もともとは軽めのものよりも少しヘヴィーな話のほうが好きなんですが、今は滅入りそう。頁数が手頃というだけでヘヴィーなやつに手を出しちゃったかなぁなど この著者にこのタイトルにこの表紙、絶対イヤミスでしょ。もともとは軽めのものよりも少しヘヴィーな話のほうが好きなんですが、今は滅入りそう。頁数が手頃というだけでヘヴィーなやつに手を出しちゃったかなぁなどと思いながら。そうしたら予想外に軽妙。恩田陸の『ドミノ』を読んだときのよう。同じ時間に複数の人物に何が起きていたか種明かしのように綴られる話は本も映画も楽しい。パワハラ上司をぎゃふんと言わせられるか。巻き込まれた新入社員・松尾のキャラがイイ。先輩社員・康子とのコンビはまた見たい。玉ノ井も混ぜてあげてね(笑)。 …続きを読む
    Kazuko Ohta
    2020年02月26日
    65人がナイス!しています
  • たまらない!余韻がいい!幕が上がってから、最後の『カーテンコール』まで、何度も騙されて、そうきたか!となります。登場人物たちが関係のないところで複雑に絡まり合って、1つに繋がる快感がたまりませんでした たまらない!余韻がいい!幕が上がってから、最後の『カーテンコール』まで、何度も騙されて、そうきたか!となります。登場人物たちが関係のないところで複雑に絡まり合って、1つに繋がる快感がたまりませんでした。私は小学生のヒロキくんの話が好きでした…というか泣きました。本当に舞台で観ているかのような、次々とライトアップされるシーンに、ワクワクが止まりませんでした。面白かったので、是非映像化してほしいです。 …続きを読む
    ゆいきち**
    2019年12月01日
    63人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品