バック・ステージ

バック・ステージ 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年09月21日
商品形態:
電子書籍

バック・ステージ

  • 著者 芦沢 央
発売日:
2019年09月21日
商品形態:
電子書籍

「まさか、こうきたか」幕が上がったら一気読み!注目作家の痛快ミステリ!

新入社員の松尾は忘れ物で戻った夜の会社で、先輩社員の康子がパワハラ上司の不正証拠を探す場面に遭遇。そのまま巻き込まれる形で、片棒を担がされることになる。翌日、中野の劇場では松尾たちの会社がプロモーションする人気演出家の舞台が始まろうとしていた。その周辺では息子の嘘に悩むシングルマザーやチケットを手に劇場で同級生を待つ青年、開幕直前に届いた脅迫状など、それぞれ全く無関係の事件が同時多発的に起きていたが、松尾と康子の行動によってそれらは少しずつ繋がっていく、そして……。バラバラのピースが予測不能のラストを象る。いま、最も注目される作家芦沢央の驚愕・痛快ミステリ!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「バック・ステージ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 芦沢さんの連作短編。実はこの出来事の裏ではこんなことが…という物語が好物というのもありますが、非常に面白かった!ちょっと変わった登場人物たちも◎だし、伏線がここまで回収されると読んでて気持ちがいい。作 芦沢さんの連作短編。実はこの出来事の裏ではこんなことが…という物語が好物というのもありますが、非常に面白かった!ちょっと変わった登場人物たちも◎だし、伏線がここまで回収されると読んでて気持ちがいい。作者的には何かに似てると言われるのは不本意かもしれないが、伊坂さん作品を読んでいる様でした。イヤミスを得意とする人は、逆のほっこりさせることもやっぱり上手い。 …続きを読む
    ぷりけ
    2019年09月29日
    50人がナイス!しています
  • 芦沢央の文庫新刊ってことで期待したのだけど、連作短編の仕掛けに凝りすぎ?軽すぎ?あまり楽しめず。ただ、短編のうち「始まるまで、あと五分」が単品として秀逸でした。 芦沢央の文庫新刊ってことで期待したのだけど、連作短編の仕掛けに凝りすぎ?軽すぎ?あまり楽しめず。ただ、短編のうち「始まるまで、あと五分」が単品として秀逸でした。
    ピロ麻呂
    2019年10月08日
    35人がナイス!しています
  • 演劇の舞台を中心にした連作短編集。パワハラ上司の不正の証拠をつかもうとする康子と松尾の「序章」から始まる群像劇。恋愛あり、ミステリーあり、シングルマザーと子供のそれぞれの事情あり…そしてバラバラのよう 演劇の舞台を中心にした連作短編集。パワハラ上司の不正の証拠をつかもうとする康子と松尾の「序章」から始まる群像劇。恋愛あり、ミステリーあり、シングルマザーと子供のそれぞれの事情あり…そしてバラバラのように思える話に意外なつながりがあって、なかなか面白かった。 …続きを読む
    イオちゃん
    2019年10月07日
    34人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品