試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ニコカド祭り2020
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年08月19日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
248
ISBN:
9784041097786
ニコカド祭り2020

僕の神さま

  • 著者 芦沢 央
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年08月19日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
248
ISBN:
9784041097786

「知ってる? 川上さんって、お父さんに殺されたらしいよ……」

僕たちは何かトラブルが起きると、同級生の水谷くんに相談する。例えば友だちから意地悪されたら、運動会で出たくない競技があったら、弟が迷子になっても……。学校中のみんなから頼りにされる名探偵。彼が導き出す答えに決して間違いはない。だって水谷くんは「神さま」だから。夏休み直前、僕と水谷君は同じクラスの川上さんからある相談を受ける、その内容は意外なものだった……。小学生の日常で起きた「悲劇」が胸をえぐる、切なく残酷な連作ミステリー。

もくじ

第一話 春の作り方
第二話 夏の「自由」研究
第三話 作戦会議は秋の秘密
第四話  冬に真実は伝えない
エピローグ  春休みの答え合わせ

【『僕の神さま』新刊発売記念「芦沢央リモート読書会」】 2020年9月18日(金)21時から開催決定!


自宅から直接著者とつながって『僕の神さま』の感想を伝えよう!

芦沢央さんが、過去の作品から最新刊『僕の神さま』まで、ミステリ小説の執筆裏話をオンラインで語ります。他に皆さまから寄せられた質問に答える企画などもご用意。
司会進行は人気書評家の瀧井朝世さん!


〇参加権について
・サイン本付き参加権:3,080円(税込み)※8月31日(月)まで期間限定
※8月10日(月・祝)までに入金手続きを完了された方には、お申し込み者の名前入りのサイン本をお届けします(8月17日(月)~随時到着予定)。
※8月11日(火)以降の入金手続き完了分はサインのみとなります。サイン本は冊数に限りがありますので早めにお申し込みください。

・参加権のみ:1,320円(税込み)

〇当日はビデオ通話アプリ「Zoom」を使ったオンライン形式になります。
〇購入はLivepocketのサイトからのお申し込みになり、お客様からのアクセスが必要です。

※本イベントは作品のネタバレを含むため『僕の神さま』読了後のご参加を推奨いたします。

【先着特典サイン本付き】等の参加券(チケット)の販売については下記をご覧ください。


メディアミックス情報

NEWS

「僕の神さま」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「神さま」と呼ばれる小5の水谷君と僕・佐土原の関係が、実はちょっとずつ変化する心の動きが堪らない。こんな小学生いる?水谷君が凄すぎなのだが、僕は僕で自分の内面と向かい、気付き、自己を確立していく姿にい 「神さま」と呼ばれる小5の水谷君と僕・佐土原の関係が、実はちょっとずつ変化する心の動きが堪らない。こんな小学生いる?水谷君が凄すぎなのだが、僕は僕で自分の内面と向かい、気付き、自己を確立していく姿にいつかの私や友の姿がダブりそうで切なくなる。『自我の目覚め』は早すぎても遅すぎても難しい。残酷で苦しい現実に直面した時どうしてきた?受け入れるのは簡単じゃないよね。誰かの人生を背負うなんて今はまだ早すぎるよ。今回も芦沢央にやられた感じ。この読後感は『クセ』になる。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2020年09月06日
    211人がナイス!しています
  • 小学校5年生の佐土原クンの目線で、頭脳明晰な水谷クンの名推理を描いた4編+エピローグ構成の連作短編。「あの芦沢さんが子供主人公の話?」と読む前は懐疑的だったが、著者らしいブラック&ビターな味付けで、切 小学校5年生の佐土原クンの目線で、頭脳明晰な水谷クンの名推理を描いた4編+エピローグ構成の連作短編。「あの芦沢さんが子供主人公の話?」と読む前は懐疑的だったが、著者らしいブラック&ビターな味付けで、切れの良い日常&青春ミステリが活き活きと描かれていた。いかにも小5の佐土原クンと小5とは思えない水谷クンの組み合わせも定番ながら効果的だし、同級生・川上さんの儚く切ない存在も効いている。エピローグでドンデン返し的に伏線回収をしているのも良かった。贔屓の芦沢さんとしては「中の上レベル」だが、続編を期待したい佳作。 …続きを読む
    しんたろー
    2020年10月18日
    197人がナイス!しています
  • 仲良し二人組が大好きなおじいちゃんの為に謎を解決する心温まる第1話。が。さすが芦沢作品、一筋縄ではいかない。小学生とは思えない並外れた洞察力で「神様」と呼ばれる友を誇りに思う気持ちと、仄かな恋心を寄せ 仲良し二人組が大好きなおじいちゃんの為に謎を解決する心温まる第1話。が。さすが芦沢作品、一筋縄ではいかない。小学生とは思えない並外れた洞察力で「神様」と呼ばれる友を誇りに思う気持ちと、仄かな恋心を寄せた転校生が彼を頼る様に、自分だけが蚊帳の外に置かれたような疎外感。主人公自身も実は聡明で繊細な精神の持ち主なだけに、その揺れ動く心が何とも切ない。どんなに聡明でも、所詮自分たちは子どもだ。誰かの人生を背負うことはできない。その悲しみとそれでも前に進むしかない覚悟と。苦い結末がまた一歩彼を成長させたのだな。 …続きを読む
    みっちゃん
    2020年09月14日
    183人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品