角川文庫

いつかの人質

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年02月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041063392
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

いつかの人質

  • 著者 芦沢 央
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年02月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041063392

盲目の少女はなぜ二度も誘拐されたのか。注目作家のサスペンス・ミステリー

宮下愛子は幼いころ、ショッピングモールで母親が目を離したわずかなすきに連れ去られる。それは偶発的に起きた事件だったが、両親の元に戻ってきた愛子は失明していた。12年後、彼女は再び何者かによって誘拐される。一体誰が? 何の目的で? 一方、人気漫画家の江間礼遠は突然失踪した妻、優奈の行方を必死に探していた。優奈は12年前に起きた事件の加害者の娘だった。長い歳月を経て再び起きた、「被害者」と「加害者」の事件。偶然か、それとも二度目の誘拐に優奈は関わっているのか。急展開する圧巻のラスト35P! 文庫化に当たり、単行本から改稿されたシーンも。大注目作家のサスペンス・ミステリー。(解説:瀧井朝世)

メディアミックス情報

NEWS

「いつかの人質」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 最近お気に入りの芦沢さん…本作は誘拐もので、被害者の15歳の少女、その父と母、容疑者の女、その夫、5人の視点を中心に周囲の人々のインタビューを挟んだ構成でテンポ好く進む。各々が何処にでもいそうな小市民 最近お気に入りの芦沢さん…本作は誘拐もので、被害者の15歳の少女、その父と母、容疑者の女、その夫、5人の視点を中心に周囲の人々のインタビューを挟んだ構成でテンポ好く進む。各々が何処にでもいそうな小市民で、自己愛と他者愛のバランスが取れずに、グラグラ揺らいでいるのがリアルに感じる。大切な人への想いがボタンの掛け違いになって悲劇を生んでしまい、切ない人間ドラマになっているのが好感。少女の成長も心地よいし、家族や夫婦の在り方、夢の追い方を考える小説として、ミステリとしての弱さを補って余りある快作と感じた。 …続きを読む
    しんたろー
    2018年09月03日
    198人がナイス!しています
  • 3歳の時に誘拐され視力を失った少女が12年後にまた誘拐されてしまう!過去と現在が複雑に絡み合う物語。なぜ少女は、また誘拐されなくてはならなかったのか?犯人は誰なのか?が気になりグイグイと読んでしまった 3歳の時に誘拐され視力を失った少女が12年後にまた誘拐されてしまう!過去と現在が複雑に絡み合う物語。なぜ少女は、また誘拐されなくてはならなかったのか?犯人は誰なのか?が気になりグイグイと読んでしまった!目が見えないことで少女が感じる恐怖が痛ましい。そして少女以外の登場人物たちに、それぞれに苛立ちを感じてしまう。人と人とのか関わりは、こんなに難しいものなのか!辛いめにあった少女が逞しくなったのが救いだと感じました。 …続きを読む
    タカユキ
    2018年08月12日
    100人がナイス!しています
  • 愛子は幼い頃の誘拐が原因で失明してしまう。そして12年経ってまたしても誘拐されてしまう。全ては江間夫婦のプライベートな問題解決の為に周りが振り回され、大体の真相が分かってからは終始イライラ。でも最終的 愛子は幼い頃の誘拐が原因で失明してしまう。そして12年経ってまたしても誘拐されてしまう。全ては江間夫婦のプライベートな問題解決の為に周りが振り回され、大体の真相が分かってからは終始イライラ。でも最終的に愛子は親ばなれを決意し強く生きていく。愛子だけは応援したいけどその他の登場人物にはイラつかされた! …続きを読む
    machi☺︎︎゛
    2019年06月08日
    99人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

芦沢 央(あしざわ よう)

1984年東京都生まれ。2012年『罪の余白』でデビュー。

この著者の商品

最近チェックした商品