僕の神さま

僕の神さま

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年02月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041143780
label

僕の神さま

  • 著者 芦沢 央
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年02月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041143780

ラスト、せつなさ迫るミステリー

「知ってる? 川上さん、父親に殺されたらしいよ」僕が通う小学校で広がった、少女の死の噂話。川上さんは父親から虐待を受けていたが、協力を得られないまま転校したと聞いていた。しかも彼女の怨念が図書室の「呪いの本」にこめられたという怪談にまで発展する。日常のさまざまな謎を解決し、僕も「神さま」と尊敬する水谷くんは、噂の真相と呪いの正体に迫るが……。ラスト世界が反転する、せつないミステリー。
「知ってる? 川上さん、父親に殺されたらしいよ」僕が通う小学校で広がった、少女の死の噂話。川上さんは父親から虐待を受けていたが、協力を得られないまま転校したと聞いていた。しかも彼女の怨念が図書室の「呪いの本」にこめられたという怪談にまで発展する。日常のさまざまな謎を解決し、僕も「神さま」と尊敬する水谷くんは、噂の真相と呪いの正体に迫るが……。ラスト世界が反転する、せつないミステリー。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第一話 春の作り方      
第二話 夏の「自由」研究   
第三話 作戦会議は秋の秘密  
第四話 冬に真実は伝えない  
エピローグ 春休みの答え合わせ 
解説 吉田伸子

【お詫び】『僕の神さま』初回限定特製しおり欠品について(2024年2月26日追記)

2024年2月22日発売の角川文庫『僕の神さま』におきまして、初回限定特製しおりの欠品が発生しております。

読者の皆様をはじめ関係各位にはご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。

初回配本分に該当のしおりが挟み込まれていない場合には、下記フォームより必要事項の記入をお願いいたします。

ご登録いただいたメールアドレス宛にショートストーリーが読めるページのご案内をお送りいたします。

しおり現物の送付を希望される方は、送付先住所など宛先の記入をお願いいたします。

フォームURL:https://form.enq.kadokawa.co.jp/cre/?enq=CHl2seXumac%3d


〈本件に関するお問い合わせ〉

KADOKAWA カスタマーサポート

https://kdq.jp/kdbook

※かならず「『僕の神さま』しおりについて」とご明記ください。

「僕の神さま」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 帯にも後ろの概要にも「知っている?川上さん、親に殺されたらしいよ」とあったのでこの衝撃から物語が始まるのかと思っていたら、4話+エピローグの話の中で3話の一番終わりにこの文章が出てくる展開で、日常の謎を 帯にも後ろの概要にも「知っている?川上さん、親に殺されたらしいよ」とあったのでこの衝撃から物語が始まるのかと思っていたら、4話+エピローグの話の中で3話の一番終わりにこの文章が出てくる展開で、日常の謎を解決する神様と尊敬される小学生の物語で、思っていたイメージと異なるストーリーだった。 …続きを読む
    ぼっちゃん
    2024年02月25日
    54人がナイス!しています
  • 小5にして何が起きても冷静沈着、鋭い洞察力・観察眼を持って問題を解決に導き「神さま」とまで呼ばれている水谷くん。その水谷くんを頼り切っている僕とで、日常の目の前に起こってくる問題を解決していく、第一話 小5にして何が起きても冷静沈着、鋭い洞察力・観察眼を持って問題を解決に導き「神さま」とまで呼ばれている水谷くん。その水谷くんを頼り切っている僕とで、日常の目の前に起こってくる問題を解決していく、第一話の春から春夏秋冬一巡してまた春に戻るエピローグ5話からなる連作短編。1話目はライトなミステリで始まっているが、2話目からは絵を描くことが好きで他生徒と関わらない女子生徒の川上さんから父親のことで相談されたことを軸に話しは展開していくが、やっぱり小5が導き出す答えではない感がちょっぴり違和感でしっくりこぬ読後。 …続きを読む
    akiᵕ̈*
    2024年02月23日
    33人がナイス!しています
  • 気になっていた作品の文庫化、芦沢さんが小学生を描くとこの様になるのか!飄々としていて洞察力と推理力に長けている水沢君と彼をまるで神さまの様だと思っている僕。小学5年生の二人の元で起きるさまざまな謎に向 気になっていた作品の文庫化、芦沢さんが小学生を描くとこの様になるのか!飄々としていて洞察力と推理力に長けている水沢君と彼をまるで神さまの様だと思っている僕。小学5年生の二人の元で起きるさまざまな謎に向き合う連作短編集。謎といえどこれが小学生とは思えない重い現実が絡んでいるから、日常の謎とはひと味違う雰囲気が漂う。読み進めていくにつれて淡々としていて、感情があまり出ない水沢君の事をもっと知りたくなる。水沢君との時間を通して成長していく僕の姿が最後に印象に残る一冊だった。 …続きを読む
    mayu
    2024年02月23日
    24人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品