角川文庫

誰もいない夜に咲く

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041006528
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

誰もいない夜に咲く

  • 著者 桜木 紫乃
  • デザイン 角川書店装丁室 鈴木久美
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041006528

『ラブレス』『ターミナル』の原点がここに――人の背負う業の哀しみ。

寄せては返す波のような欲望に身を任せ、どうしようもない淋しさを封じ込めようとする男と女。安らぎを切望しながら寄るべなくさまよう孤独な魂のありようを、北海道の風景に託して叙情豊かに謳いあげる。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「誰もいない夜に咲く」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • こちらも8年ぶりの再読です。最初の話だけは覚えていましたが、正直他の話はやっぱり忘れてしまっていました。しかし、改めて読み直すと桜木さんが本当にステキな文章を用いて北海道を描いているなぁと感じます。登 こちらも8年ぶりの再読です。最初の話だけは覚えていましたが、正直他の話はやっぱり忘れてしまっていました。しかし、改めて読み直すと桜木さんが本当にステキな文章を用いて北海道を描いているなぁと感じます。登場する人物達もそれぞれに魅力的なのですが、やはり桜木さんの真骨頂は寂しく、儚げでありながら芸術のような自然豊かな北海道を描写するコトにあるんだと思います。そして何より'生きていく'と決めた女性のその前向きであり、開き直りなスタイルに惚れ惚れさせられます。こういう短編集は時間をおいて何度も読みたくなりますね。 …続きを読む
    おしゃべりメガネ
    2018年03月31日
    143人がナイス!しています
  • 桜木さんの作品からは、常に厳しい冬の北海道で生きる男女の息吹が感じられる。北海道の人々の孤独感、寂寥感、安らぎ、希望からは、温かい光が見い出せられるからだ。極寒に囲まれても人々の心の底には、温かさが見 桜木さんの作品からは、常に厳しい冬の北海道で生きる男女の息吹が感じられる。北海道の人々の孤独感、寂寥感、安らぎ、希望からは、温かい光が見い出せられるからだ。極寒に囲まれても人々の心の底には、温かさが見えてくる。①波に咲く-家を継いで酪農に従事する秀一。町では中国の女性を嫁に迎えようと動く。花海を貰った秀一。家族ともコミュニケーションが上手く取れず2人で家を出る。花海は日本語で少し話が出来た。②海へ-千鶴に専属契約を依頼する加藤。水産会社経営者ではなくスーパーの作業員であった事を目撃。現実を見つめる。 …続きを読む
    テディ
    2017年07月10日
    131人がナイス!しています
  • 桜木紫乃さんの作品には独白の空気感がある。登場人物は孤独で薄幸で霧の中を彷徨っているような不安定さがある。それでも女達は現実を受け入れ男に頼らず自立してたくましく生きようとしている。毎回感じるどんより 桜木紫乃さんの作品には独白の空気感がある。登場人物は孤独で薄幸で霧の中を彷徨っているような不安定さがある。それでも女達は現実を受け入れ男に頼らず自立してたくましく生きようとしている。毎回感じるどんよりとした読後感、でも思わず手にとってしまう魅力がある。 …続きを読む
    ゴンゾウ
    2016年05月31日
    120人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品