角川文庫

テンペスト 第三巻 秋雨

発売日:
2014年09月15日
商品形態:
電子書籍
テンペスト 第三巻 秋雨 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

テンペスト 第三巻 秋雨

  • 著者 池上 永一
発売日:
2014年09月15日
商品形態:
電子書籍

流刑された寧温は本来の姿である真鶴に戻り、王の側室として首里城に再び上がるが、伏魔殿の女たちによる洗礼と嫉妬が真鶴を襲う──!

清国の宦官・徐丁垓殺害の罪に問われた孫寧温は、孤島・八重山へ島流しにされてしまう。真鶴に姿を戻すも、王宮への未練と雅博への愛が募る日々。そんななか、島の宴席での美しい舞踊を評価され、首里城で踊りを披露することに。今度は女として、欲望うず巻く伏魔殿に返り咲く。しかし待ち受けていたのは、秋雨のごとく降り注ぐ、御内原(ウーチバラ)の女たちによる激しい洗礼だった。真鶴と雅博は果たして再会することができるのか!?


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「テンペスト 第三巻 秋雨」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 罪に問われ、八重山へと流刑された寧温。本来の姿である真鶴に戻り、今度は王の側室として首里城に再び上がることに。 罪に問われ、八重山へと流刑された寧温。本来の姿である真鶴に戻り、今度は王の側室として首里城に再び上がることに。
    enana
    2019年03月15日
    81人がナイス!しています
  • 八重山に流刑となった寧温は、真鶴として生きる道を選んでいたのではないでしょうか。宦官ではなく、女として、しかも側室として王宮に戻った真鶴は寧温としての人生も恋も胸に秘めて、真鶴としての人生を歩み初めて 八重山に流刑となった寧温は、真鶴として生きる道を選んでいたのではないでしょうか。宦官ではなく、女として、しかも側室として王宮に戻った真鶴は寧温としての人生も恋も胸に秘めて、真鶴としての人生を歩み初めていました。女として欲望の渦巻く王宮に返り咲いたのですね。しかし、黒船が琉球に来たことで寧温としても王宮に戻ることになります。宦官と側室の二重生活を強いられますが、身近な人には同一人物と見破られないのが不思議でした。寧温としての方が自分の才能を発揮できるのですね。最終巻での運命はどうなるのでしょう。 …続きを読む
    優希
    2015年07月03日
    70人がナイス!しています
  • 琉球王国史上最強の評定所筆者の孫寧温は八重山への流刑となるものの、真鶴に戻り側室として王府へ。更にペリーの琉球来航により王国は激震に襲われ…。うーん、ローラーコースター的展開は更に加速、何でもありの様 琉球王国史上最強の評定所筆者の孫寧温は八重山への流刑となるものの、真鶴に戻り側室として王府へ。更にペリーの琉球来航により王国は激震に襲われ…。うーん、ローラーコースター的展開は更に加速、何でもありの様相です。申し訳ないが完全に漫画です。ある意味でほぼ「リボンの騎士」ですね(笑)。それで面白いんだから笑っちゃうわ。 …続きを読む
    TATA
    2018年09月30日
    55人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品