シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と黄の花冠

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年12月28日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041000915

シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と黄の花冠

  • 著者 三川 みり
  • イラスト あき
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年12月28日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041000915

「妖精王、君の恋も運命だ」王家の秘密、銀砂糖妖精に出会ったアンは…!?

新工房を開こうと張り切る銀砂糖師アンに、王城から要請が届く。それは、一流の職人たちと共に仕事を引き受けろというもの。しかも依頼人は王妃様!! 王城で、王家が秘匿していた銀砂糖妖精ルルと出会ったアンは…

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と黄の花冠」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 銀砂糖妖精篇スタート。もうちょっとアンとシャルはよく話し合いをした方がいいと思う。今後のお話しの流れでは、二人が妖精と人間の融和の象徴として活躍する可能性もあると思うから。無自覚にすくすくと、女らしく 銀砂糖妖精篇スタート。もうちょっとアンとシャルはよく話し合いをした方がいいと思う。今後のお話しの流れでは、二人が妖精と人間の融和の象徴として活躍する可能性もあると思うから。無自覚にすくすくと、女らしく成長していくアンを前に、シャルとキースも気が休まらなくて大変だろなあ。匙加減を間違えてむらむらしてるキースもちょっと見てみたかった。あ、でもアンも大変だ。プロポーズされたり、押し倒されたり。彼女こそ気が休まってないな。ルルも素敵なお姉さん妖精でした。彼女の人生の終わりは楽しかったな、て満足しておわれるのかな。 …続きを読む
    ひめありす@灯れ松明の火
    2014年02月28日
    63人がナイス!しています
  • 今巻は作品作りの様子とシャルの交渉シーンが圧巻で素晴らしかった。特に王家のルルに対する感情を逆手に取ってルルの命という手札を使い、王手をかけて交渉に挑んだシャルの威厳、王としての素質には驚かされた。ア 今巻は作品作りの様子とシャルの交渉シーンが圧巻で素晴らしかった。特に王家のルルに対する感情を逆手に取ってルルの命という手札を使い、王手をかけて交渉に挑んだシャルの威厳、王としての素質には驚かされた。アンへの想いをルルに看破、指摘された際の様子は可愛かったけれどそんなシャルに続き秘密が明らかになっていくヒュー、動き出したキース、気さくで思慮深い王など登場人物一人一人がかっこいい巻だった。その最たるキャラが今回のメインとも言えるルルだろう。恋も人間関係も物語的に核心に触れてきた今後の展開がとても気になる。 …続きを読む
    2014年12月13日
    34人がナイス!しています
  • 第7巻。突然王城に呼ばれたアン。そこで出会ったのは、五百年生きている銀砂糖妖精・ルルだった―。銀砂糖妖精編、開幕です。神秘的な雰囲気のルルが世界観を広げるこの巻。銀砂糖子爵にのみ伝えられてきたという秘 第7巻。突然王城に呼ばれたアン。そこで出会ったのは、五百年生きている銀砂糖妖精・ルルだった―。銀砂糖妖精編、開幕です。神秘的な雰囲気のルルが世界観を広げるこの巻。銀砂糖子爵にのみ伝えられてきたという秘技を、選りすぐられた5人の職人が習得していく様子は、読んでいて胸ときめくものがありました。アンとシャルの恋にも、微妙な変化が。思い込みでヤキモチを妬くアンと、アンの態度に訳がわからずイライラするシャルのすれ違いはキュンキュン!こういうの好き!しかし、まさかキースが参戦してくるとは…。 …続きを読む
    2018年01月27日
    34人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品