シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と青の公爵

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年07月31日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784044550165

シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と青の公爵

  • 著者 三川 みり
  • イラスト あき
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年07月31日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784044550165

爆発的大ヒット!! 三川みり×あきが紡ぐ、話題の新シリーズ続編が登場!

ハイランド王国の冬。聖なる特別職・銀砂糖師を目指す少女アンは、宿代にも事欠く貧乏っぷり。そんなとき、フィラックスの町を治めるアルバーン公爵が、望み通りの砂糖菓子を作った者に破格の報酬を出すと知り!?

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と青の公爵」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 家もなく職もなく、妖精との主従契約もなく。だけど夢の様な品評会の後に残った職人としての誇らしげな気持ちを、シンデレラの硝子の靴みたいに傍らに添えて。王子様の代わりに戦闘妖精とアイドル妖精が従って、アン 家もなく職もなく、妖精との主従契約もなく。だけど夢の様な品評会の後に残った職人としての誇らしげな気持ちを、シンデレラの硝子の靴みたいに傍らに添えて。王子様の代わりに戦闘妖精とアイドル妖精が従って、アンの一年が始まります。前の巻でどう妖精は生まれるのか、という所に主題を置くとアルバーン侯爵もいつか、また。という気持ちになります。前巻で自分だけの砂糖細工の大切さに気が付き、今回は相手の気持ちに添わせる事を学んだアン。シャルとのやきもきを通じて技術だけじゃなく心の篤さ、みたいなものも成長し始めたのかも知れません …続きを読む
    ひめありす@灯れ松明の火
    2013年12月08日
    70人がナイス!しています
  • 第2弾・青の公爵!砂糖菓子職人としてアンは真摯に作品と依頼主に向き合っていて、誇り高い職人魂は凄くよかった。アンのシャルを思う気持ちの揺れもすごくよかった。作中で一番驚いたのは、シャルが「名前で呼ばれ 第2弾・青の公爵!砂糖菓子職人としてアンは真摯に作品と依頼主に向き合っていて、誇り高い職人魂は凄くよかった。アンのシャルを思う気持ちの揺れもすごくよかった。作中で一番驚いたのは、シャルが「名前で呼ばれると、嬉しいから」と言うアンに軽く衝撃を受けていた事。そんな事にびっくりするシャルにこっちがびっくり。アンとシャルの気持ちの変化と、砂糖菓子職人としてのアンの行く末に注目! …続きを読む
    みちゃ
    2010年09月01日
    67人がナイス!しています
  • ★★★★☆今回もいいお話でした。公爵切ないなぁ。一生懸命なアンと、妖精だから考え方も違うだろうけど不器用なシャルの関係がにやにやします。アンは自覚してるのね。砂糖菓子職人としても、依頼主の望みのものを ★★★★☆今回もいいお話でした。公爵切ないなぁ。一生懸命なアンと、妖精だから考え方も違うだろうけど不器用なシャルの関係がにやにやします。アンは自覚してるのね。砂糖菓子職人としても、依頼主の望みのものを完成させること貫く姿勢が良かったです。しかしジョナス達は出れば出るほどストレス溜まるわ。最初空白の期間があるようで、一冊飛ばしたのかと不安になっちゃいました。 …続きを読む
    りん
    2015年01月25日
    41人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品