シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と黒の妖精

第7回 角川ビーンズ小説大賞 審査員特別賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年03月31日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784044550073

第7回 角川ビーンズ小説大賞 審査員特別賞

シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と黒の妖精

  • 著者 三川 みり
  • イラスト あき
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年03月31日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784044550073

選考委員全員が絶賛! 小説大賞史上の、最審査員特別賞授賞作が登場!!

人間が妖精を使役する、ハイランド王国。母を亡くしたばかりの少女アンは、母のあとを継ぎ、銀砂糖師になることを決意。用心棒として、口の悪い戦士妖精のシャルを雇い、銀砂糖師の称号を得るため王都へと旅立つが!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と黒の妖精」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 少女小説で長く楽しませてもらったシリーズが完結してしまったので、何か新しいのを読み始めたいなあと思って居たところ、読み友さんからお勧めされていたのを思い出しました。銀砂糖細工、砂糖林檎と可愛らしい表現 少女小説で長く楽しませてもらったシリーズが完結してしまったので、何か新しいのを読み始めたいなあと思って居たところ、読み友さんからお勧めされていたのを思い出しました。銀砂糖細工、砂糖林檎と可愛らしい表現が沢山出てきて、あきさんのふわっと可愛らしいイラストと相俟って、甘くて優しい気分で読めました。大人だ成人しているって虚勢を張っているけれど、自分が作りたいものを見失っていたアンが本当に元気に、だんだん彼女らしく戻っていく健気さが可愛かったです。長いシリーズになっているようなので、楽しく続きを読みたいと思います …続きを読む
    ひめありす@灯れ松明の火
    2013年12月08日
    87人がナイス!しています
  • 第1弾・黒の妖精 !おとぎ話っぽい雰囲気を醸し出しつつスパイスのきいた物語。面白かった!努力するヒロイン・アンがとめっちゃ可愛かった。人からすると若干ずれてる妖精達との掛け合いも面白い。アンが砂糖菓子 第1弾・黒の妖精 !おとぎ話っぽい雰囲気を醸し出しつつスパイスのきいた物語。面白かった!努力するヒロイン・アンがとめっちゃ可愛かった。人からすると若干ずれてる妖精達との掛け合いも面白い。アンが砂糖菓子を作るシーンもドキドキするくらい素敵…。まったり進むのかと思いきや、どしんとハードな展開に持って行ってのガチンコ勝負も良かったです。 …続きを読む
    みちゃ
    2010年05月01日
    77人がナイス!しています
  • 面白かった!児童文学っぽいと聞いて敬遠してたけど。読んだらはまった。まず絵がめちゃくちゃ好み。どんなに文章に引き込まれても挿絵でテンションが下がる事があるので。そして設定もツボだし何と言ってもアンとシ 面白かった!児童文学っぽいと聞いて敬遠してたけど。読んだらはまった。まず絵がめちゃくちゃ好み。どんなに文章に引き込まれても挿絵でテンションが下がる事があるので。そして設定もツボだし何と言ってもアンとシャルが魅力的。特にシャルが今後アンとの出会いによって変化していきそうなところがムフフです。次も読みたいー。 …続きを読む
    みぃー
    2013年04月04日
    70人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品