ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
322
ISBN:
9784048704694

ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~

  • 著者 三上 延
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
322
ISBN:
9784048704694

古い本には人の秘密が詰まっています──大ヒット古書ミステリ

 鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者として心配になる女性だった。
 だが、古書の知識は並大抵ではない。人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも。彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。
 これは“古書と秘密”の物語。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • いまさら、というかようやくというか読んだ。一つ一つのエピソードが面白いし緩く繋がって長編のようにも読める仕立てが上手い。それ以上に雰囲気の醸しだし方が秀逸で読んでいる間古本屋に浸っているかのよう。あと いまさら、というかようやくというか読んだ。一つ一つのエピソードが面白いし緩く繋がって長編のようにも読める仕立てが上手い。それ以上に雰囲気の醸しだし方が秀逸で読んでいる間古本屋に浸っているかのよう。あと栞子さんのキャラが読書好きにとっては反則級の立ちっぷり。無口だけど本の話になると饒舌になる、なんて萌えざるをえないじゃないの。 …続きを読む
    海猫
    2013年03月18日
    2320人がナイス!しています
  • この度シリーズ完結を迎えた本シリーズを今更ながら手に取った。ラノベという先入観で手に取らなかった自分を恥じ入る次第だ。作者自身が恐らく古書、もしくは書物に目がないことは行間から容易に察することができる この度シリーズ完結を迎えた本シリーズを今更ながら手に取った。ラノベという先入観で手に取らなかった自分を恥じ入る次第だ。作者自身が恐らく古書、もしくは書物に目がないことは行間から容易に察することができるが、作者は話を重ねるにつれて読者を徐々にディープな古書の世界へと誘っていることが判ってくる。このシリーズがたくさんの人々に古書の世界への門戸を開くためにバランスよく味付けされた良質なミステリであることが今回よく解った。次作も手に取ろうと思う。栞子さん目当てでなく、あくまで良質なビブリオミステリとして、だが。 …続きを読む
    Tetchy
    2017年06月03日
    2136人がナイス!しています
  • 初読。同じく古書店が舞台の三浦しをん著の月魚を思い出した。書店も楽しかったけど、古書店にも勤めてみたい。 初読。同じく古書店が舞台の三浦しをん著の月魚を思い出した。書店も楽しかったけど、古書店にも勤めてみたい。
    扉のこちら側
    2011年11月21日
    2125人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品