ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~

映画化作品|ドラマ化作品

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年09月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784049120448

映画化作品|ドラマ化作品

ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~

  • 著者 三上 延
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年09月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784049120448

驚異のミリオンセラー古書ミステリ 待望の新シリーズスタート!

 ある夫婦が営む古書店がある。鎌倉の片隅にひっそりと佇む「ビブリア古書堂」。その店主は古本屋のイメージに合わない、きれいな女性だ。そしてその傍らには、女店主にそっくりな少女の姿があった--。
 女店主は少女へ、静かに語り聞かせる。一冊の古書から紐解かれる不思議な客人たちの話を。古い本に詰まっている、絆と秘密の物語を。
 人から人へと受け継がれる本の記憶。その扉が今再び開かれる。

登場人物

篠川栞子

ビブリア古書堂のうら若き美貌の店主。極度の人見知りだが、古書に関してはずば抜けた知識を披露する生粋の本の虫。頭の回転が早く、優れた推理力を発揮する。母との間に確執がある。

五浦 大輔

祖母が遺した夏目漱石の『それから』をめぐる謎をきっかけにビブリア古書堂で働くことになった青年。過去の体験から、本が読めなくなった特異体質の持ち主。強面の外見で誤解されがちだが、本に対して憧れがある。

メディアミックス情報

NEWS

「ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 8冊目。スピンオフではなく期待以上だった続編。シリーズに新たな展開を投入したということになるのかな。冒頭から始まる「その後」の紹介に、驚きながらも「よかったねぇ!」と心でつぶやきました。このエピソード 8冊目。スピンオフではなく期待以上だった続編。シリーズに新たな展開を投入したということになるのかな。冒頭から始まる「その後」の紹介に、驚きながらも「よかったねぇ!」と心でつぶやきました。このエピソードをあえてラストにしなかったのが、スピンオフでなく、続編である証拠でしょう。さらに続きの物語は読みたいし、続きを予定しているらしい「あとがき」もうれしい。 …続きを読む
    へくとぱすかる
    2018年09月28日
    753人がナイス!しています
  • 思ってたより早く栞子さんや大輔君に再会出来て良かった。結婚して娘の扉子ちゃんも母親ゆずりで。思った通りではない展開でしたがスピンオフとしてシリーズ化してほしい。 登場人物たちの成長と後日譚としてこれか 思ってたより早く栞子さんや大輔君に再会出来て良かった。結婚して娘の扉子ちゃんも母親ゆずりで。思った通りではない展開でしたがスピンオフとしてシリーズ化してほしい。 登場人物たちの成長と後日譚としてこれからも読みたい。微笑ましい気分でいっぱいです。 …続きを読む
    カメ吉
    2018年09月23日
    692人がナイス!しています
  • ビブリア古書堂シリーズ外伝。ファーストフォリオ事件より7年後の話。「篠川栞子」と「五浦大輔」は結婚し「篠川扉子」という子供がいる。過去1巻~7巻迄に関わった事件で知り合った人々のその後の後日談が散りば ビブリア古書堂シリーズ外伝。ファーストフォリオ事件より7年後の話。「篠川栞子」と「五浦大輔」は結婚し「篠川扉子」という子供がいる。過去1巻~7巻迄に関わった事件で知り合った人々のその後の後日談が散りばめられています。7年たった今でもお互いの事を敬語で呼び合っているなんて、熱いですね~( ´艸`)。栞子が扉子に語りかける方式がとっても良かったです。坂口夫妻や小菅さん志田さんのその後がとっても気になっていたので、この話を書いてくれた三上先生に感謝です。扉子ちゃんも可愛いですね。 …続きを読む
    桜父
    2018年09月28日
    686人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

三上 延 (みかみ・えん)

1971年神奈川県横浜市生まれ。10歳で藤沢市に転居。市立中学から鎌倉市の県立高校へ進学。
大学卒業後、藤沢市の中古レコード店、古書店でアルバイト勤務。古書店での担当は、絶版ビデオ・映画パンフレット・絶版文庫・古書マンガなど。2002年デビュー。

この著者の商品

最近チェックした商品