女生徒

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年05月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041099155

女生徒

  • 著者 太宰 治
  • イラスト くまおり 純
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年05月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041099155

太宰の真骨頂、女性の語り口による告白を集めた短編集

「幸福は一夜おくれて来る。幸福は――」多感な女子生徒の一日を描いた「女生徒」、情死した夫を引き取りに行く妻を描いた「おさん」など、女性の告白体小説の手法で書かれた14篇を収録。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「女生徒」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 昭和12年から昭和23年にかけて発表された14の短編。どの作品も女性の独白形式で書かれています。前半はよいのですが後半は敗戦の息苦しさを感じながら読みました。繊細な悲しみと優しさの『灯籠』『葉桜と魔笛 昭和12年から昭和23年にかけて発表された14の短編。どの作品も女性の独白形式で書かれています。前半はよいのですが後半は敗戦の息苦しさを感じながら読みました。繊細な悲しみと優しさの『灯籠』『葉桜と魔笛』『誰も知らぬ』『冬の夜の話』が好きです。一日の意識の流れを描いた『女生徒』を読んで、「人間とは一日中考えている生きものだ」という言葉を思い出しました。ところで、私の思い込みかもしれませんが、太宰ほど読者を意識しながら書いた作家はいないと思います。行間から読者の反応を窺う太宰が見えたような気がしました。 …続きを読む
    red falcon
    2019年10月01日
    127人がナイス!しています
  • 中学生くらいの頃に読んで感銘を受けた本を姪にプレゼント。 女の子の気持ちが、もう胸が痛いほど分かる。 両親が求める良い娘になりたい、両親の期待に応えたい。 その願いと相反する、自分に嘘をついてるような 中学生くらいの頃に読んで感銘を受けた本を姪にプレゼント。 女の子の気持ちが、もう胸が痛いほど分かる。 両親が求める良い娘になりたい、両親の期待に応えたい。 その願いと相反する、自分に嘘をついてるような罪悪感。 誰かに勝手に引かれた境界線への嫌悪感とか、個性を認めてもらうことの難しさと羞恥心とか。 カオス化した葛藤が、素直でまっすぐ。 インチキを嫌うところは『ライ麦畑…』っぽくて、ほんとに大好き。 ★4 …続きを読む
    chiru
    2019年04月10日
    102人がナイス!しています
  • 女性の告白体で書かれた短編集でした。女性の気持ちを、上手く表現しています。男性作家なのに、女性のデリケートな、揺れる感情が、どうして書けるのか不思議。太宰治のような作家なら男も女も書けるのでしょうが。 女性の告白体で書かれた短編集でした。女性の気持ちを、上手く表現しています。男性作家なのに、女性のデリケートな、揺れる感情が、どうして書けるのか不思議。太宰治のような作家なら男も女も書けるのでしょうが。女性にとって、他人には自分の知られたくない部分もあるし、逆に誰かに気づいてほしいところもあるし、女心は複雑です。 …続きを読む
    のんき
    2018年01月11日
    97人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品