女生徒

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年05月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041099155

女生徒

  • 著者 太宰 治
  • イラスト くまおり 純
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年05月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041099155

太宰の真骨頂、女性の語り口による告白を集めた短編集

「幸福は一夜おくれて来る。幸福は――」多感な女子生徒の一日を描いた「女生徒」、情死した夫を引き取りに行く妻を描いた「おさん」など、女性の告白体小説の手法で書かれた14篇を収録。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「女生徒」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 真夜中のサングラス、暗くなったら買い物へ、目を合わせないよう歩こう、こんな趣味を持つぼく 真夜中のサングラス、暗くなったら買い物へ、目を合わせないよう歩こう、こんな趣味を持つぼく
    だんぼ
    2022年03月20日
    135人がナイス!しています
  • 収録作はどれも女性の一人語り。女生徒や人妻など様々な女性の思うがままの独白、心の葛藤が綴られており興味深く読めた。当時の世相も匂わせるが、根底にあるのは周囲に合わせようとする自分と素の自分とのズレに煩 収録作はどれも女性の一人語り。女生徒や人妻など様々な女性の思うがままの独白、心の葛藤が綴られており興味深く読めた。当時の世相も匂わせるが、根底にあるのは周囲に合わせようとする自分と素の自分とのズレに煩悶する姿。それは著者自身も浮かんでくる。「女生徒」は自我がふらふら揺れ動く若さが特徴的な文体で伝わってくる。「燈籠」の女性の自己の曖昧さが最後には吹っ切れた感じが良い。「おさん」は夫の理屈と妻の現実性の対比が印象的。著者は色々と幻滅を語りながらユーモラスさを忘れない。それがつい読みたくなる魅力の一つに思えた。 …続きを読む
    buchipanda3
    2021年06月09日
    125人がナイス!しています
  • 中学生くらいの頃に読んで感銘を受けた本を姪にプレゼント。 女の子の気持ちが、もう胸が痛いほど分かる。 両親が求める良い娘になりたい、両親の期待に応えたい。 その願いと相反する、自分に嘘をついてるような 中学生くらいの頃に読んで感銘を受けた本を姪にプレゼント。 女の子の気持ちが、もう胸が痛いほど分かる。 両親が求める良い娘になりたい、両親の期待に応えたい。 その願いと相反する、自分に嘘をついてるような罪悪感。 誰かに勝手に引かれた境界線への嫌悪感とか、個性を認めてもらうことの難しさと羞恥心とか。 カオス化した葛藤が、素直でまっすぐ。 インチキを嫌うところは『ライ麦畑…』っぽくて、ほんとに大好き。 ★4 …続きを読む
    chiru
    2019年04月10日
    112人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品