晩年

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年05月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
386
ISBN:
9784041099162

晩年

  • 著者 太宰 治
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年05月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
386
ISBN:
9784041099162

遺書のつもりで書いた太宰の第一作品集

自殺を前提に遺書のつもりで名付けた、第一創作集。”撰ばれてあることの 恍惚と不安と 二つわれにあり”というヴェルレエヌのエピグラフで始まる「葉」、少年時代を感受性豊かに描いた「思い出」など15篇。

もくじ


思い出
魚服記
列車
地球図
猿ヶ島
雀こ
道化の華
猿面冠者
逆行
彼は昔の彼ならず
ロマネスク
玩具
陰火
めくら草紙


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「晩年」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 陰鬱な雰囲気を纏った物語が並ぶ本作。まるで自分の心の闇を見つめているようで、何度も心が折れ、その度に読むのが止まってしまった。太宰氏の事を書いているはずなのにそう感じるのは、太宰氏が人々の敏感な部分を 陰鬱な雰囲気を纏った物語が並ぶ本作。まるで自分の心の闇を見つめているようで、何度も心が折れ、その度に読むのが止まってしまった。太宰氏の事を書いているはずなのにそう感じるのは、太宰氏が人々の敏感な部分を真っ直ぐに表現しているからなのだろう。10年先に再読した時、自分がどう感じるのか気になるし、どういう風に作品を捉えるのだろうとふと思った。またいつか読み返したい。 …続きを読む
    MATHILDA&LEON
    2015年09月01日
    27人がナイス!しています
  • 『ビブリア古書堂の事件手帖』で取り上げられていた、太宰の処女作にして遺著になるはずだった『晩年』。自死が失敗したので『人間失格』などの名作を残せたが『晩年』のみだったら、後世に名を残せなかっただろう。 『ビブリア古書堂の事件手帖』で取り上げられていた、太宰の処女作にして遺著になるはずだった『晩年』。自死が失敗したので『人間失格』などの名作を残せたが『晩年』のみだったら、後世に名を残せなかっただろう。過剰な自意識が鼻につく青さがふんだんに覗いており、その後の作品のような文学への昇華に至っていない。太宰が太宰である原点が顕著に現れていて、興味深かったが読むのはしんどかった。 …続きを読む
    那由多
    2019年05月18日
    18人がナイス!しています
  • 弁解弁解、言い訳ばかりの独白調の物語。ここまで来ると嫌でも太宰というものがわかってくる。その思想というか行動、生き方は尊敬したくもなる。共感する部分も多いが、太宰はモテるし結構友人もいるという話だ。気 弁解弁解、言い訳ばかりの独白調の物語。ここまで来ると嫌でも太宰というものがわかってくる。その思想というか行動、生き方は尊敬したくもなる。共感する部分も多いが、太宰はモテるし結構友人もいるという話だ。気に食わない。作品の中ではロマネスクが面白かったし、猿ケ島は何故か印象深い。自伝風、自虐風の作品の多い作者なだけに、作者の影が薄い作品ってのは妙な感じだ。 …続きを読む
    たかぼー(人身御供)
    2013年08月12日
    13人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品