走れメロス

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年06月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041099131

走れメロス

  • 著者 太宰 治
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年06月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041099131

執筆活動の充実ぶりを示す、中期の佳作9篇

妹の婚礼を終えると、メロスはシラクスめざして走りに走った。約束の日没までに暴虐の王の下に戻られねば、身代りの親友が殺される。メロスよ走れ! 命を賭けた友情の美を描く表題作など10篇を収録。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「走れメロス」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 短編集。走れメロスを読みたかったけど他の話が長かった。退屈で疲れた。太宰氏は拗らせ過ぎ。共感できない世界。走れメロスは走るペースがどれくらいか想像しながら楽しむのが目的だったけど…。10里(30kmち 短編集。走れメロスを読みたかったけど他の話が長かった。退屈で疲れた。太宰氏は拗らせ過ぎ。共感できない世界。走れメロスは走るペースがどれくらいか想像しながら楽しむのが目的だったけど…。10里(30kmちょい)を夜中から午前の昼ちょい前に移動としてまあ約10時間。20:00/km。コースがトレイルだとしてもこれは歩いてるね。時速3km。うん。歩いてるわ。走ろうよ!歩いてんじゃないよ!「走れメロス!」そんなお話。★★☆☆☆ …続きを読む
    Take@磨穿鉄靴
    2018年08月23日
    66人がナイス!しています
  • 太宰治の短編集。一途に前を行く「走れメロス」は、大人になって読むと何の疑念も抱かずに人を信用する難しさを認識した。キリスト神話をパロディ化した「駆込み訴え」や余韻が素敵な、「畜犬談」等もあれば太宰の私 太宰治の短編集。一途に前を行く「走れメロス」は、大人になって読むと何の疑念も抱かずに人を信用する難しさを認識した。キリスト神話をパロディ化した「駆込み訴え」や余韻が素敵な、「畜犬談」等もあれば太宰の私小説の側面でもある「富嶽百景」や「東京八景」もあった。前者は、小説家としての才能を垣間見れ楽しめたが後者は、波瀾万丈の自伝を読んでいるが如く深く考えさせられた。「東京八景」はまさに「人間失格」のプロトタイプであり当該作品の構築過程を辿っているようであった。ナイーブで繊細な太宰を知る意味で有意義な読書が出来た。 …続きを読む
    テディ
    2014年07月16日
    53人がナイス!しています
  • 「走れメロス」有名な作品なのに読まずにいました。有名なだけにとても素敵な作品でした。(*^^*)7作品中2作は既読。初めて読んだ作品で、自分には難しいかなぁと思ったのが多かった。私の場合、物凄く気持ち 「走れメロス」有名な作品なのに読まずにいました。有名なだけにとても素敵な作品でした。(*^^*)7作品中2作は既読。初めて読んだ作品で、自分には難しいかなぁと思ったのが多かった。私の場合、物凄く気持ち的にも落ち込んだ時に太宰治を読むと凄く共感できるのが不思議(^_^;)その時の体調や気持ちで作品に対する気持ちや見方が変わるので太宰作品は難しいですが面白いです。(*´ー`*) …続きを読む
    Heart place
    2016年08月30日
    33人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品