試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041067949

津軽

  • 著者 太宰 治
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041067949

宿命の生地・津軽への思いを素直に綴った、著者中期の傑作名紀行文

昭和19年、風土記の執筆を依頼された太宰は三週間にわたって津軽半島を一周した。自己を見つめ、宿命の生地への思いを素直に綴り上げた紀行文であり、著者最高傑作とも言われる感動の一冊。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「津軽」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 再読。初めてこの本を読んだのは東北旅行、津軽を旅している途中であった。その時は弘前城と金木の斜陽館を訪ねただけであったが、本書を読んでいるとその時に仰ぎ見た岩木山や立ち並ぶ林檎の木をありありと思い出す 再読。初めてこの本を読んだのは東北旅行、津軽を旅している途中であった。その時は弘前城と金木の斜陽館を訪ねただけであったが、本書を読んでいるとその時に仰ぎ見た岩木山や立ち並ぶ林檎の木をありありと思い出す事が出来る。内容は太宰治の故郷津軽半島を一周した記録であるが、故郷に対する感情、愛憎や悲喜こもごもが文中から漂ってくる気がする。とはいえ友達との交流はひたすら楽しそうで、太宰の鬱々とした印象が一変しそうな感じさえする。そしてラストの再開。読んでいると、あの津軽の地をもう一度訪れたい衝動にしばしば襲われるなあ。 …続きを読む
    HANA
    2020年03月04日
    67人がナイス!しています
  • カドフェス2018より。夏の文庫本フェアは古典を読む絶好のチャンスなので、まずは没後70年の太宰の未読本をセレクト。本書は昭和19年、30代の太宰が故郷の津軽を旅した時の紀行文。太宰といえば世間一般に カドフェス2018より。夏の文庫本フェアは古典を読む絶好のチャンスなので、まずは没後70年の太宰の未読本をセレクト。本書は昭和19年、30代の太宰が故郷の津軽を旅した時の紀行文。太宰といえば世間一般にはドラッグとセックスに溺れた暗い人、のイメージがあるけれど、ちゃんと向き合って読んでみると「優しく爽やか」な人柄が浮かび上がってくる。太宰が、男にも女にもモテモテだったのが腑に落ちる。私も、実際に太宰に会ったら惚れたかも? …続きを読む
    本読みたぬき
    2018年07月08日
    41人がナイス!しています
  • すっごく良かった。読んで良かった。主人公が自棄になったり素直になったり急に勢い付いたりする様子が愛しいやら切ないやら可笑しいやらで、笑いながら涙がでた。主人公は自分を卑下する傾向がとても強いけれど、故 すっごく良かった。読んで良かった。主人公が自棄になったり素直になったり急に勢い付いたりする様子が愛しいやら切ないやら可笑しいやらで、笑いながら涙がでた。主人公は自分を卑下する傾向がとても強いけれど、故郷の津軽を旅して、最後にタケに会うこともできて、自分を肯定してもいいんだと思える拠り所をみつけたように感じた。太宰治の印象が変わった。またいつか再読したい! …続きを読む
    三日月
    2019年07月20日
    40人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品