鬼の跫音

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年01月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
232
ISBN:
9784048739115

鬼の跫音

  • 著者 道尾 秀介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年01月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
232
ISBN:
9784048739115

この世は完全犯罪だらけ。誰にも気付かれなければ、それは完全犯罪なんです

鈴虫だけが知っている、過去の完全犯罪。蝶に導かれて赴いた村で起きた猟奇殺人事件。いま最も注目を集める新鋭・道尾秀介が満を持して送り出す、初の連作短編集!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

道尾秀介『鬼の跫音』 インタビュー!


「鬼の跫音」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 六編ともゾッとする話だった。文字フォントは態とこれにしてあるのでしょうか?「た」が読みにくかった。\S\と\鴉\がキーワードみたいだったけれど、一編目の『鈴虫』には鴉は登場していましたか? 六編ともゾッとする話だった。文字フォントは態とこれにしてあるのでしょうか?「た」が読みにくかった。\S\と\鴉\がキーワードみたいだったけれど、一編目の『鈴虫』には鴉は登場していましたか?
    takaC
    2012年02月10日
    193人がナイス!しています
  • 個人的には非常に‘コワい’と感じた作品でした。ジリジリと「何かある、何か起きる」とビビりながら読んでいて、「アレっ?意外と・・・」なんて油断してたら、ちゃぶ台ひっくり返すくらいの勢いでやってくれます。 個人的には非常に‘コワい’と感じた作品でした。ジリジリと「何かある、何か起きる」とビビりながら読んでいて、「アレっ?意外と・・・」なんて油断してたら、ちゃぶ台ひっくり返すくらいの勢いでやってくれます。笑いのツボもそうですが、恐怖のツボやレベルも人それぞれだと思いますので、今作にホラー100%を求めるのもなんとも言えないですし、かといって今作までの道尾ワールドを求めて読むのも、もっとなじまないと思われます。単純に「道尾さんはこういう作品(作風)も書けるんだ」というトコを楽しめればいいのではないでしょうか。 …続きを読む
    おしゃべりメガネ
    2009年11月07日
    153人がナイス!しています
  • 人の悪意や狂気といった、外側からは見えにくい闇の部分を描き出した短編集。格調高い雰囲気の文章と、どの話にも登場する人物S(すべて別人)、そして、静かに忍び寄る鴉がたたずむさまは、黒い点がだんだんとひろ 人の悪意や狂気といった、外側からは見えにくい闇の部分を描き出した短編集。格調高い雰囲気の文章と、どの話にも登場する人物S(すべて別人)、そして、静かに忍び寄る鴉がたたずむさまは、黒い点がだんだんとひろがり、漆黒の闇に辺りを染め上げていくようだ。狂気という鬼に囚われてしまった人間は、もう後戻りのできない一線を越える。鬼の跫音に誘われ踏み込んでしまった世界には、そんな哀しい人間が棲んでいる。道尾氏の作品を読むのはこれが初めてだけれど、短編とは思えない完成度の高さに心奪われた。 …続きを読む
    風眠
    2013年03月14日
    151人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品