鬼の跫音

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年01月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
232
ISBN:
9784048739115

鬼の跫音

  • 著者 道尾 秀介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年01月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
232
ISBN:
9784048739115

この世は完全犯罪だらけ。誰にも気付かれなければ、それは完全犯罪なんです

鈴虫だけが知っている、過去の完全犯罪。蝶に導かれて赴いた村で起きた猟奇殺人事件。いま最も注目を集める新鋭・道尾秀介が満を持して送り出す、初の連作短編集!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

道尾秀介『鬼の跫音』 インタビュー!


「鬼の跫音」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 六編ともゾッとする話だった。文字フォントは態とこれにしてあるのでしょうか?「た」が読みにくかった。\S\と\鴉\がキーワードみたいだったけれど、一編目の『鈴虫』には鴉は登場していましたか? 六編ともゾッとする話だった。文字フォントは態とこれにしてあるのでしょうか?「た」が読みにくかった。\S\と\鴉\がキーワードみたいだったけれど、一編目の『鈴虫』には鴉は登場していましたか?
    takaC
    2012年02月10日
    192人がナイス!しています
  • 個人的には非常に‘コワい’と感じた作品でした。ジリジリと「何かある、何か起きる」とビビりながら読んでいて、「アレっ?意外と・・・」なんて油断してたら、ちゃぶ台ひっくり返すくらいの勢いでやってくれます。 個人的には非常に‘コワい’と感じた作品でした。ジリジリと「何かある、何か起きる」とビビりながら読んでいて、「アレっ?意外と・・・」なんて油断してたら、ちゃぶ台ひっくり返すくらいの勢いでやってくれます。笑いのツボもそうですが、恐怖のツボやレベルも人それぞれだと思いますので、今作にホラー100%を求めるのもなんとも言えないですし、かといって今作までの道尾ワールドを求めて読むのも、もっとなじまないと思われます。単純に「道尾さんはこういう作品(作風)も書けるんだ」というトコを楽しめればいいのではないでしょうか。 …続きを読む
    おしゃべりメガネ
    2009年11月07日
    152人がナイス!しています
  • 誰にでも心の中に鬼がいる。鬼の跫音を聞いたことのない人なんてたぶんいないと思う。何重にも蓋をして隠しておきたい心の底のまた底にある深い井戸を無理矢理覗かされた気分。時には拾い上げてくれる優しい手を、時 誰にでも心の中に鬼がいる。鬼の跫音を聞いたことのない人なんてたぶんいないと思う。何重にも蓋をして隠しておきたい心の底のまた底にある深い井戸を無理矢理覗かされた気分。時には拾い上げてくれる優しい手を、時には井戸に沈んでいくような重力感を感じながら読んだ。人が鬼に屈する瞬間の、とてつもない孤独と悲しみが胸を突き刺す良作でした。 …続きを読む
    ミナコ@灯れ松明の火
    2010年11月01日
    149人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品