夜市

第12回 日本ホラー小説大賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784043892013

第12回 日本ホラー小説大賞

夜市

  • 著者 恒川 光太郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784043892013

怖さだけでなく、哀しみをたたえた傑作。第12回日本ホラー小説大賞受賞作

何でも売っている不思議な市場「夜市」。幼いころ夜市に迷い込んだ裕司は、弟と引き換えに「野球選手の才能」を手に入れた――。直木賞の候補にもなったホラー大賞受賞作!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「夜市」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 著者による「秋の牢獄」が面白かったので、日本ホラー大賞の本作を読んだ。文体がよい。野球の才能と引き換えに弟を売った男が、弟を 取り戻すべく、再び夜市に行く…世にも奇妙な物語の文庫版のような感じで 面 著者による「秋の牢獄」が面白かったので、日本ホラー大賞の本作を読んだ。文体がよい。野球の才能と引き換えに弟を売った男が、弟を 取り戻すべく、再び夜市に行く…世にも奇妙な物語の文庫版のような感じで 面白く 読んだ。 …続きを読む
    遥かなる想い
    2010年10月27日
    759人がナイス!しています
  • 「夜市」、「風の古道」の短編2編を収録。「秋の牢獄」で初めて読んだ恒川光太郎さん。独特の世界観は本作でも健在です。日常のすぐ横に広がる異界を描く。その異界には日常では得難いものが存在するが、異界の道理 「夜市」、「風の古道」の短編2編を収録。「秋の牢獄」で初めて読んだ恒川光太郎さん。独特の世界観は本作でも健在です。日常のすぐ横に広がる異界を描く。その異界には日常では得難いものが存在するが、異界の道理に従い何かを失うことになる。「夜市」での兄弟のまさかの繋り。兄弟のつかの間の邂逅と別れが余韻を残す。「風の古道」で古道を旅する少年とレン。明かされるレンの謎と過去。哀しい少年と友人の別れが描かれる。どちらの作品も、異界の入口が日常の横にある。ふとした瞬間に入り込みそうな儚さと危うさが、耽美的な魅力を残す作品。 …続きを読む
    yoshida
    2016年11月12日
    629人がナイス!しています
  • ホラー大賞受賞作、というより私にとっては魅惑の異界ファンタジー小説というイメージだった。出だしから「学校蝙蝠(こうもり)」、「永久放浪者」、「着物を着た狸」など、これまで見たこともない単語に引っ掛かか ホラー大賞受賞作、というより私にとっては魅惑の異界ファンタジー小説というイメージだった。出だしから「学校蝙蝠(こうもり)」、「永久放浪者」、「着物を着た狸」など、これまで見たこともない単語に引っ掛かかりながら、異世界に一気に引き込まれてしまった。 …続きを読む
    鉄之助
    2019年08月25日
    568人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品