試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年05月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041112410

滅びの園

  • 著者 恒川 光太郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年05月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041112410

わたしの絶望は、誰かの希望。

ある日、上空に現れた異次元の存在、<未知なるもの>。
それに呼応して、白く有害な不定形生物<プーニー>が出現、無尽蔵に増殖して地球を呑み込もうとする。
少女、相川聖子は、着実に滅亡へと近づく世界を見つめながら、特異体質を活かして人命救助を続けていた。
だが、最大規模の危機に直面し、人々を救うため、最後の賭けに出ることを決意する。
世界の終わりを巡り、いくつもの思いが交錯する。壮大で美しい幻想群像劇。
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「滅びの園」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 登録本1600冊目は大好きな恒川さん。久しぶりに時間を忘れてひたすら没頭。こんなに面白くて失速しないかという心配は杞憂に終わり、新たなる異世界の壮大な物語で圧巻の読み応えだった。滅亡か存続か、救助か攻 登録本1600冊目は大好きな恒川さん。久しぶりに時間を忘れてひたすら没頭。こんなに面白くて失速しないかという心配は杞憂に終わり、新たなる異世界の壮大な物語で圧巻の読み応えだった。滅亡か存続か、救助か攻撃か、絶望か希望か。さまざまな選択肢にいろいろ考えさせられることも多かった。いやはやこんな凄いストーリーをどうやったら思いつくのだろう。初期作品が一番好みだけれど、スタープレイヤーも面白かったし、本書も素晴らしかった。やっぱり恒川ワールドへの旅は格別だ。 …続きを読む
    アッシュ姉
    2021年06月29日
    89人がナイス!しています
  • 人類を滅亡へと追い込む異次元の未知なるものが地球を覆う。鈴上誠一が取り込まれた想念の世界は幻想の園ではあるがどこか現実味もある異世界。かたや地球上ではプーニーと呼ばれるプニプニの生物が人類を存続の窮地 人類を滅亡へと追い込む異次元の未知なるものが地球を覆う。鈴上誠一が取り込まれた想念の世界は幻想の園ではあるがどこか現実味もある異世界。かたや地球上ではプーニーと呼ばれるプニプニの生物が人類を存続の窮地へと誘う。今回の恒川ワールドはいつもの異界の向こうに壮大なテーマが横たわる。これは選択の物語でもある。何かを選ばなければならない状況では、皆がハッピーエンドにはなり得ない。絶望と希望が隣り合わせの中で彼がとった選択肢が導く結末は物悲しい。選択が行き着く先には産み出された歪の中に憎悪が溢れているのかもしれない。 …続きを読む
    スカラベ
    2021年06月27日
    57人がナイス!しています
  • 上空に突然異次元の(未知なるもの)が現れ、白い生命体プーニーが増殖、地球にとって危機が迫る。未知なるものにも地球にも、それぞれの守りたいものがある。不思議な世界観ではあるけれど、つい引き込まれて読んで 上空に突然異次元の(未知なるもの)が現れ、白い生命体プーニーが増殖、地球にとって危機が迫る。未知なるものにも地球にも、それぞれの守りたいものがある。不思議な世界観ではあるけれど、つい引き込まれて読んでしまった。ラストのラスト、これって…もしかして…?? …続きを読む
    イオちゃん
    2021年07月10日
    33人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品