堕落論

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年06月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041100202

堕落論

  • 著者 坂口 安吾
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年06月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041100202

角川文庫の名作が読みやすくなって新装!

「堕ちること以外の中に、人間を救う便利な近道はない」。第二次大戦直後の混迷した社会に、かつての倫理を否定し、新たな考え方を示した『堕落論』。安吾を時代の寵児に押し上げ、時を超えて語り継がれる名作。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「堕落論」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 角川文庫で再読です。通俗的倫理を否定する論調を述べたからこそ安吾は時代の寵児となりえたのだと思わずにはいられません。常に世間に否定の眼差しを向けたアンチ社会派であるが故の名エッセイが詰まっていますね。 角川文庫で再読です。通俗的倫理を否定する論調を述べたからこそ安吾は時代の寵児となりえたのだと思わずにはいられません。常に世間に否定の眼差しを向けたアンチ社会派であるが故の名エッセイが詰まっていますね。若い人に支持された理由もうなずけます。 …続きを読む
    優希
    2017年01月17日
    132人がナイス!しています
  • 新潮文庫版で遥か昔に読了してましたが文ストカバーなので購入。13編のエッセイを収録。全体を通して感じた事は人間の本質を鋭く観察する彼の目の確かさ。虚飾を嫌い、ありのままの現実を認めて文学を創り上げるリ 新潮文庫版で遥か昔に読了してましたが文ストカバーなので購入。13編のエッセイを収録。全体を通して感じた事は人間の本質を鋭く観察する彼の目の確かさ。虚飾を嫌い、ありのままの現実を認めて文学を創り上げるリアリストな安吾を敗戦当時、若者が熱烈に支持した理由が解る気がします。皆そう思っていても口では言えない事を安吾はズバリと指摘する。その痛快さ爽快さ。人間の限界を知りながらも人間を愛し続けた安吾。容赦なく向けられる彼の瞳に現代がどう映るのか興味がある。俺が生きていた時代と何も変わってない、と言いそうな気もするが。 …続きを読む
    蓮子
    2018年06月13日
    101人がナイス!しています
  • 2016年449冊め。綺麗ごとではなく、泥にまみれてあがいたその先に見えてくるものがあるのだという。戦後の日本で反響が大きかったのもうなづける。安吾というと「桜の森の満開の下」しか知らないのだが、いつ 2016年449冊め。綺麗ごとではなく、泥にまみれてあがいたその先に見えてくるものがあるのだという。戦後の日本で反響が大きかったのもうなづける。安吾というと「桜の森の満開の下」しか知らないのだが、いつか全著作を読んでみたくなった。表題作の「堕落論」はもちろんだが、「青春論」もおもしろい。 …続きを読む
    扉のこちら側
    2016年06月21日
    98人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品