試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
608
ISBN:
9784041002445

続 明治開化 安吾捕物帖

  • 著者 坂口 安吾
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
608
ISBN:
9784041002445

安吾の傑作推理小説。幻の捕物帖が今、よみがえる!

文明開化の明治の世に次々起こる怪事件。その謎を鮮やかに解くのは英傑・勝海舟と青年探偵・結城新十郎。果たしてどちらの推理が的を射ているのか? 安吾が描く本格ミステリ12編を収録。
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「続 明治開化 安吾捕物帖」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 新興宗教による事件を描いた日本のミステリーはこれが最初なのではないだろうかと考えてしまった「魔教の怪」が一番面白かった。殺人の手口の残忍さなど、群を抜いて面白い。勝海舟の推理パートが減り、文章がちと読 新興宗教による事件を描いた日本のミステリーはこれが最初なのではないだろうかと考えてしまった「魔教の怪」が一番面白かった。殺人の手口の残忍さなど、群を抜いて面白い。勝海舟の推理パートが減り、文章がちと読みにくくなったのが残念。太宰治や織田作之助等々、もう少しこの時代の作家たちの文章になれてまた読んでみたい …続きを読む
    シ也
    2016年04月11日
    33人がナイス!しています
  • 「当時の風俗がわからない」「登場人物が多い」等読みにくさがあるらしい。だけど読みにくくても、そこには確かな面白さがあるのだから堪えて欲しい。未知はスラスラ読めない代わりに、既知よりも新鮮さを味わえるは 「当時の風俗がわからない」「登場人物が多い」等読みにくさがあるらしい。だけど読みにくくても、そこには確かな面白さがあるのだから堪えて欲しい。未知はスラスラ読めない代わりに、既知よりも新鮮さを味わえるはずだから。▼犯行動機が財産目的というのがままある。それは舞台が明治時代で、自分の知らぬ環境だからと納得してしまう。機会を逃さない強かさ、欲に溺れてしまう弱さ。強さともとれる弱さともとれる人間味、犯人になんだか愛らしさを感じる。「人は鬼になりやすい」と探偵が言った。著者安吾の目に映っていた人の姿に思いを馳せる。 …続きを読む
    そり
    2013年04月16日
    16人がナイス!しています
  • 前巻では勝海舟が迷推理を披露して結城新十郎が名推理を披露した後、勝海舟が言い訳するワンパターンな展開だったが本巻ではこのワンパターンから脱してしるものの、そうなると物足りなさを感じてしまう。タイトルに 前巻では勝海舟が迷推理を披露して結城新十郎が名推理を披露した後、勝海舟が言い訳するワンパターンな展開だったが本巻ではこのワンパターンから脱してしるものの、そうなると物足りなさを感じてしまう。タイトルに難はあるが「家族は六人・目一ツ半」やバラバラ殺人のホワイダニット「トンビ男」が短編ならではの作品だった。 …続きを読む
    花乃雪音
    2020年05月31日
    14人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品