角川文庫

明治開化 安吾捕物帖

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041100219
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

明治開化 安吾捕物帖

  • 著者 坂口 安吾
  • デザイン 片岡 忠彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041100219

『堕落論』『白痴』に劣らぬ、安吾の隠れた代表作!

文明開化の世に次々と起きる謎の事件。それに挑むのは、紳士探偵・結城新十郎とその仲間たち。そしてなぜか、悠々自適の日々を送る勝海舟も介入してくる……世相に踏み込んだ安吾の傑作エンタテイメント。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「明治開化 安吾捕物帖」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 退屈しのぎに推理をしながら読んでほしいと「作者の口上」で坂口安吾氏は述べている。これは今でいうテレビドラマ感覚で読むと面白い。というか、そのまま「古畑任三郎」みたい(笑)途中で挿入される勝海舟のがっく 退屈しのぎに推理をしながら読んでほしいと「作者の口上」で坂口安吾氏は述べている。これは今でいうテレビドラマ感覚で読むと面白い。というか、そのまま「古畑任三郎」みたい(笑)途中で挿入される勝海舟のがっくり推理も楽しめる。個人的にお気に入りは「密室大犯罪」「万引き一家」「血を見る真珠」。ただ、これ創元推理文庫から出ていた日本探偵小説全集の坂口安吾の巻にすべて収録されていた。ということは再読。でもあまり覚えていなかったからまあ、いいか(^_^;) …続きを読む
    GaGa
    2012年01月23日
    67人がナイス!しています
  • 「大学入ったし、教養つけるべ」と言う事で買い込んだ数々の作品の中から、アニメになったと聞いて前から気になっていた本作をイベントもあってチョイス。舞台は一新を迎えた明治の日本ではあるが、戦後がどことなく 「大学入ったし、教養つけるべ」と言う事で買い込んだ数々の作品の中から、アニメになったと聞いて前から気になっていた本作をイベントもあってチョイス。舞台は一新を迎えた明治の日本ではあるが、戦後がどことなく風刺されているのが特に興味深い。基本的に短編ではあるがキャラクターが多いので、そこが少し難点。タイトルこそ「捕物帖」だが、捕物よりも謎解きに重点が置かれているのでミステリ好きでも楽しめる。ただ動機が分からずじまいの物もあるので、それが嫌いな人にはキツいかも …続きを読む
    シ也
    2016年04月08日
    60人がナイス!しています
  • 『読者への口上』が天才的過ぎる。それはネタバレというものでは? と思いきや、失敗するのはもう解りきった事なのでどうという事もなく、むしろ毎回きっちり50頁弱の短編が綺麗に構成を違える事無く八編入ってる 『読者への口上』が天才的過ぎる。それはネタバレというものでは? と思いきや、失敗するのはもう解りきった事なのでどうという事もなく、むしろ毎回きっちり50頁弱の短編が綺麗に構成を違える事無く八編入ってるだけでなかなか驚異的。面白過ぎる。語り手の語りもまったくもって痛快で、いや面白い。『血を見る真珠』などまさに海洋冒険浪漫でいつ事件が起こるのかと。まだ読んでいないけど、これで満足せずに是非とも続編を手にとって貰いたくなってくる。『続』の方は、刊行されて日が浅いからなのか、まだあまり読まれていないようですね。 …続きを読む
    歩月るな
    2015年11月28日
    30人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品