肝臓先生

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1997年12月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041100189

肝臓先生

  • 著者 坂口 安吾
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1997年12月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041100189

戦争まっただなか、どんな患者も肝臓病に診たてたことから”肝臓先生”とあだ名された赤木風雲。彼の滑稽にして実直な人間像を描き出した感動の表題作をはじめ五編を収録。安吾節が冴えわたる異色の短編集。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「肝臓先生」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「魔の退屈」「私は海をだきしめていたい」「ジロリの女」「行雲流水」「肝臓先生」5編収録。「私は海を〜」のみ既読。安吾の描く男女観、恋愛は女性がとにかく強い。肝が据わってる。「ジロリの女」の語り手である 「魔の退屈」「私は海をだきしめていたい」「ジロリの女」「行雲流水」「肝臓先生」5編収録。「私は海を〜」のみ既読。安吾の描く男女観、恋愛は女性がとにかく強い。肝が据わってる。「ジロリの女」の語り手であるゴロー三船はあれこれと奸計を巡らすも可笑しいくらい惚れた女性に媚びへつらって最後は破滅してしまう所が悲惨極まりない。「魔の退屈」にある「泥棒し、人殺しをしても欲しいものが存在するところに人間の真実の生活があるのだ」実に安吾らしい言葉だと思う。表題作の「肝臓先生」はじんと心に沁みるような感動的な作品でした。 …続きを読む
    蓮子
    2019年09月06日
    79人がナイス!しています
  • どの短編も「デカダンス」が常に雰囲気として感じられました。本書から“人間ってこんなもんなんだ”ってことがこれでもかと主張されますが(多様性を知る上では良いのですが・・・)、だからこそ敢えて“人間だから どの短編も「デカダンス」が常に雰囲気として感じられました。本書から“人間ってこんなもんなんだ”ってことがこれでもかと主張されますが(多様性を知る上では良いのですが・・・)、だからこそ敢えて“人間だからこそ”と前向きな何かを考えたくもなります。 …続きを読む
    ehirano1
    2017年09月16日
    42人がナイス!しています
  • 『ジロリの女』までの作品が私小説なのか創作なのか判らなくて頭がごっちゃになった。女子に対する欲望をここまで明け透けに書くのは凄い。尊敬する。カタカナを独特な使い方するね。表題作の最後の詩にガツンと来ま 『ジロリの女』までの作品が私小説なのか創作なのか判らなくて頭がごっちゃになった。女子に対する欲望をここまで明け透けに書くのは凄い。尊敬する。カタカナを独特な使い方するね。表題作の最後の詩にガツンと来ました( ノД`)… …続きを読む
    青葉麒麟
    2014年04月06日
    33人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品