不連続殺人事件

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041100196

不連続殺人事件

  • 著者 坂口 安吾
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041100196

鬼才・安吾が遺した不朽の傑作ミステリー! 待望の新装刊。

詩人・歌川一馬の招待で、山奥の豪邸に集まった様々な男女。邸内に異常な愛と憎しみが交錯するうちに、血が血を呼んで、恐るべき八つの殺人が生まれた――。第二回探偵作家クラブ賞受賞作。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「不連続殺人事件」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • Twitterのフォロワーさんから頂いた本。安吾といえば「堕落論」などが有名で些か取っ付き難いイメージがありますが、本作は娯楽的推理小説。第2回探偵作家クラブ受賞作品だけあって切れ味鋭く、グイグイと読 Twitterのフォロワーさんから頂いた本。安吾といえば「堕落論」などが有名で些か取っ付き難いイメージがありますが、本作は娯楽的推理小説。第2回探偵作家クラブ受賞作品だけあって切れ味鋭く、グイグイと読ませます。登場人物が多く、関係も複雑なので理解するのにやや手間取りますが、一癖も二癖もある強烈なキャラクター達が織り成す愛憎が激しい渦となり、やがて物語が収斂していく様はとてもドラマチック。最後まで犯人が解らず、ドキドキしながら読みました。面白かったです。 …続きを読む
    蓮子
    2018年04月09日
    105人がナイス!しています
  • みなさんのレビューを見ると結構絶賛されてますが、私はトリックに辿り着く前に断念。登場人物が多くて最初の数ページで10人くらい出てくるのに、その後もどっかんどっかん増えて…それでいてキャラは男女問わず奇 みなさんのレビューを見ると結構絶賛されてますが、私はトリックに辿り着く前に断念。登場人物が多くて最初の数ページで10人くらい出てくるのに、その後もどっかんどっかん増えて…それでいてキャラは男女問わず奇人変人ばかりで人の区別がつかない、かつ人間関係が複雑。そして何よりも妙に読み辛いのです。一番目についたのが「然し」という言葉の多用。「然し」を読む度に殺人事件の犯人とか動機とか知りたいという気持ちが萎えていきました…。この読み辛さは時代というのもあるのかな?《2018年43冊目》 …続きを読む
    aqua_33
    2018年02月27日
    70人がナイス!しています
  • 登場人物が多く相関図をハッキリさせないと見えてこなかったので推理は早々に断念。出てくる人物たちがみな個性的なキャラだった分やり取りは面白く、結末や経緯に至るまでの意外性の連続で楽しめた。この手のもう少 登場人物が多く相関図をハッキリさせないと見えてこなかったので推理は早々に断念。出てくる人物たちがみな個性的なキャラだった分やり取りは面白く、結末や経緯に至るまでの意外性の連続で楽しめた。この手のもう少し丁寧に読んでより楽しめるようにしたい。 …続きを読む
    Tsuyoshi
    2018年06月14日
    66人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品