李陵・山月記・弟子・名人伝

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1968年09月09日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041103029

李陵・山月記・弟子・名人伝

  • 著者 中島 敦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1968年09月09日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041103029

中島敦を読むとなぜかモヤモヤする でも、どこか心地いいんだ

五千の少兵を率い、十万の匈奴と戦った李陵。捕虜となった彼を司馬遷は一人弁護するが。讒言による悲運を描いた「李陵」、人食い虎に変身する苦悩を描く「山月記」など、中国古典を題材にとった代表作六編。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「李陵・山月記・弟子・名人伝」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 面白かったです。中国古典を題材にしているので、少し硬さは感じますが、独特の文体は、物語に引き込む力がありました。古代中国や怪奇的ファンタジーの雰囲気が漂いつつも明確な世界観。それは簡潔な文章が作り出す 面白かったです。中国古典を題材にしているので、少し硬さは感じますが、独特の文体は、物語に引き込む力がありました。古代中国や怪奇的ファンタジーの雰囲気が漂いつつも明確な世界観。それは簡潔な文章が作り出すものだと思いました。『山月記』は高校生の頃、現代文で学んだだけあり、とても懐かしかったです。今読むとより味わい深いものがありました。 …続きを読む
    優希
    2016年10月19日
    103人がナイス!しています
  • 2016年524冊め。『李陵』『弟子』『名人伝』『山月記』は他の文庫で既読、再読。今回初読だったのは『悟浄出世』と『悟浄歎異』。『西遊記』の印象とはだいぶ変わってくる人物感。著者の病弱さからきている死 2016年524冊め。『李陵』『弟子』『名人伝』『山月記』は他の文庫で既読、再読。今回初読だったのは『悟浄出世』と『悟浄歎異』。『西遊記』の印象とはだいぶ変わってくる人物感。著者の病弱さからきている死生観だとか、生きることの人間のエゴとか、興味深い。 …続きを読む
    扉のこちら側
    2016年07月06日
    94人がナイス!しています
  • 中国古典から題材をとっているので、少し硬さを感じました。ただ、文体が独特だからか、物語に引き込む力があると思います。古代中国や回帰的ファンタジーの雰囲気が流れながらも明確な世界が出来上がっているのは、 中国古典から題材をとっているので、少し硬さを感じました。ただ、文体が独特だからか、物語に引き込む力があると思います。古代中国や回帰的ファンタジーの雰囲気が流れながらも明確な世界が出来上がっているのは、簡潔な文章が成し得ているからだと思わされます。『山月記』は高校の頃読んでいるので懐かしかったです。 …続きを読む
    優希
    2019年08月17日
    80人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品