試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年11月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
176
ISBN:
9784041109021

文字禍・牛人

  • 著者 中島 敦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年11月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
176
ISBN:
9784041109021

中島敦の知られざる傑作6編を選りすぐって収録!

アッシリアにある世界最古の図書館には、毎夜文字の精霊が出るという。文字に支配される人間を寓話的に描いた「文字禍」をはじめ、「狐憑」「木乃伊」「虎狩」等人間の普遍を目指した著者の傑作6篇を収録。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「文字禍・牛人」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「虎狩」を表題作に持ってくれば、このイラスト表紙と相まってインパクトは絶大であるはず。しかしあえて「文字禍」ってのがなんともニクいです。——「彼はあれほど言葉を巧みに使って執筆しながらどこかで言葉を信 「虎狩」を表題作に持ってくれば、このイラスト表紙と相まってインパクトは絶大であるはず。しかしあえて「文字禍」ってのがなんともニクいです。——「彼はあれほど言葉を巧みに使って執筆しながらどこかで言葉を信用していなかった」とは池澤夏樹さんの名解説。この言葉は表題作「文字禍」に色濃く現れています。 …続きを読む
    鱒子
    2021年09月28日
    82人がナイス!しています
  • 初めて触れたのは高校か中学の教科書での山月記だったか。今でも記憶に残るぐらいだからインパクトがあったのだろう。短編集が刊行されたので手にしましたが圧倒されました。表題作「文字禍」の鋭い考察に感服。いつ 初めて触れたのは高校か中学の教科書での山月記だったか。今でも記憶に残るぐらいだからインパクトがあったのだろう。短編集が刊行されたので手にしましたが圧倒されました。表題作「文字禍」の鋭い考察に感服。いつからか人は事実を素に受容することをやめ言語化・文字化された情報のみしか認識できなくなっていると思う。「斗南先生は」中国古典に裏打ちされた著作が多い著者にしては珍しい私小説的な作品。伯父・中島端をモデルにした作品で、死を目前とした伯父に振り回されるユーモラスな文章。若くして亡くなられたことが惜しいと思う。 …続きを読む
    ponpon
    2021年08月02日
    67人がナイス!しています
  • 中島敦のあまり知られてない作品を集めた短編集 ⭐︎4 あまり有名でない6編。読んだことのない作品がいくつかあったので購入。やはり濃密な作品群。牛人のゾクゾクくる感じ、やはり中島敦は中国の古典に出典を得 中島敦のあまり知られてない作品を集めた短編集 ⭐︎4 あまり有名でない6編。読んだことのない作品がいくつかあったので購入。やはり濃密な作品群。牛人のゾクゾクくる感じ、やはり中島敦は中国の古典に出典を得る作品は名作ですね。文豪ストレイドッグ見てないから、この表紙だとやや買いにくい、、 …続きを読む
    けそけそ
    2021年02月12日
    67人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品