試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
802
ISBN:
9784043620043

第130回直木賞

後巷説百物語

  • 著者 京極 夏彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
802
ISBN:
9784043620043

直木賞受賞作がついに文庫で登場

文明開化の音がする明治十年。一等巡査の矢作らは、ある伝説の真偽を確かめるべく隠居老人・一白翁を訪ねた。翁は静かに、今は亡き者どもの話を語り始める。第130回直木賞受賞作。妖怪時代小説の金字塔!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「後巷説百物語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 第130回(平成15年度下半期) 直木賞受賞。 明治初期、一白翁が語る 奇妙な体験談。 伝奇物語なのか、今昔物語なのか、 白翁が語る不思議な体験は なぜか幼い頃に聞かされた 物語に似て懐かしい。 人間 第130回(平成15年度下半期) 直木賞受賞。 明治初期、一白翁が語る 奇妙な体験談。 伝奇物語なのか、今昔物語なのか、 白翁が語る不思議な体験は なぜか幼い頃に聞かされた 物語に似て懐かしい。 人間の心に取り付く情念の ようなものを、昔話を通して 妖艶に描く。 各物語の最後の小夜と百介の 会話が面白い。真実は何だったのか、 明治初期の時代背景と、昔話を 上手くミックスさせた伝奇小説 だった。 …続きを読む
    遥かなる想い
    2014年05月25日
    280人がナイス!しています
  • 【直木賞】出だしはやや難解。小野不由美が解説を書いている。妖怪小説で妖怪の知見が仕入れるおとができるが妖怪が出て来ないとのこと。なるほど、安心して読み進められる。最初は赤くなると滅びる島の話。具体的に 【直木賞】出だしはやや難解。小野不由美が解説を書いている。妖怪小説で妖怪の知見が仕入れるおとができるが妖怪が出て来ないとのこと。なるほど、安心して読み進められる。最初は赤くなると滅びる島の話。具体的には戎島の話へと展開する。行ったきり戻ってこれない島。 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2013年12月13日
    204人がナイス!しています
  • いつもの仲間が集まり不思議な事件を侃々諤々詮索し合う面白さ。結論出ずに一白翁に聞いてみる、聞くと小股潜りの又市らが関わってるって話『世に不思議なし、世凡て不思議なり、ですよ』時代は幕末を経た明治初頭、 いつもの仲間が集まり不思議な事件を侃々諤々詮索し合う面白さ。結論出ずに一白翁に聞いてみる、聞くと小股潜りの又市らが関わってるって話『世に不思議なし、世凡て不思議なり、ですよ』時代は幕末を経た明治初頭、鎖国で外国の情報などが入ってこなかった閉鎖的な日本での、庶民の興味関心ごとや会話が感じられ超面白い。そんな時代の不思議不可思議を一白翁こと山岡百介が明かす、その根っこにお馴染み又市達の存在がある!祟り、呪い、迷信、怨みつらみ、もののけ御行奉為!長いよ確かに。800ページ!このシリーズ読む順番が大事‼️🙇 …続きを読む
    三代目 びあだいまおう
    2018年12月05日
    172人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

京極 夏彦(きょうごく・なつひこ)

1963年、北海道生まれ。小説家、意匠家、全日本妖怪推進委員会肝煎。94年、『姑獲鳥の夏』でデビュー。96年『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、97年『嗤う伊右衛門』で泉鏡花文学賞、2003年『覘き小平次』で山本周五郎賞、04年『後巷説百物語』で直木賞、11年『西巷説百物語』で柴田錬三郎賞を受賞。著書多数。

最近チェックした商品